「イェール式」の版間の差分

未訳出部分(韓国語の項)を訳出
(未訳出部分(韓国語の項)を訳出)
朝鮮語におけるイェール式は、[[イェール大学]]のマーティン(Samuel E. Martin)らによって、[[マッキューン=ライシャワー式]]の5年ほど後に作成された。 現在でも、主に言語学者の間では、標準的なローマ字化の手法として使用されている。韓国語におけるイェール式は、単語間の形態素の構造をあらわすことに主眼を置いており、この点が現在主流になっているマッキューン=ライシャワー式や[[文化観光部2000年式]]などの方法との違いである。これらの主流な方法は、通常、単語全体についての発音を表現することができるが、ローマ字化したものから形態素については知ることができないので、言語学的な使用をするには不適である。形態素に関する性質からは、イェール式は北朝鮮の書法である[[朝鮮語新綴字法]]と似ているともいえる。
 
イェール式は、それぞれの形態音素的な要素(通常、ハングルの字母に対応する)を、文脈によらず常に同じローマ字で表す。ただし例外として、{{lang|ko|ㅜ}} (RR ''u'') と {{lang|ko|ㅡ}} (RR ''eu'') は[[両唇音]]のあとでは常に ''u'' で表記する。その他の環境では、{{lang|ko|ㅜ}} (RR ''u'') は二重字 ''wu'' で表す。
The Yale romanization represents each morphophonemic element (which in most cases corresponds to a ''[[Hangul#Jamo|jamo]]'', a letter of the Korean alphabet) by the same Roman letter, irrelevant of its context, with the notable exceptions of {{lang|ko|ㅜ}} (RR ''u'') and {{lang|ko|ㅡ}} (RR ''eu'') which the Yale system always romanizes as ''u'' after [[bilabial consonant]]s because there is no audible distinction between the two in many speakers' speech, and of the [[Digraph (orthography)|digraph]] ''wu'' that represents {{lang|ko|ㅜ}} (RR ''u'') in all other contexts.
 
文字 ''q'' は、ハングルの正書法では表記されない reinforcement を表す:
The letter ''q'' indicates ''[[Fortis and lenis#Tenseness|reinforcement]]'' which is not shown in hangul spelling:
* {{lang|ko|할 일}} ''halq il'' /''ha'''l'''lil''/
* {{lang|ko|할 것}} ''halq kes'' /''hal'''k'''ket''/
* {{lang|ko|글자}} ''kulqca'' /''kul'''c'''ca''/
 
文字の組み合わせが曖昧性を生じるときは、ピリオドによって音節境界を示す。ピリオドは音変化を示すなど他の目的でも使われる:
In cases of letter combinations that would otherwise be ambiguous, a period indicates the orthographic syllable boundary. It is also used for other purposes such as to indicate sound change:
* {{lang|ko|늙은}} ''nulk.un'' “old”
* {{lang|ko|같이}} ''kath.i'' /''kachi''/ “together”; “like”, “as” etc.
 
母音字の上の[[マクロン]]は、方言や古い発音における[[長母音]]を示すのに用いられる:
A macron over a vowel letter indicate that in old or dialectal language, this vowel is pronounced [[Vowel length|long]]:
* {{lang|ko|말}} ''māl'' “word(s)”
* {{lang|ko|말}} ''mal'' “horse(s)”
なお、[[弁別素性]]としての母音の長さやピッチアクセントは、少なくとも若い[[ソウル方言]]話者のあいだでは20世紀後期に消滅した。
Note: Vowel length (or [[Pitch accent|pitch]], depending on the dialect) as a distinctive feature seems to have disappeared at least among younger speakers of the [[Seoul dialect]] sometime in the late 20th century.
 
上付き文字は、韓国の正書法および標準的発音では消失する子音を表すのに用いる。例えば、韓国の正書法の {{lang|ko|영}} (RR ''yeong'') は次のようにローマ字化される:
A superscript letter indicates consonants that have disappeared from a word's [[Hangeul machumbeop|South Korean orthography]] and standard pronunciation. For example, the South Korean orthographic syllable {{lang|ko|영}} (RR ''yeong'') is romanized as follows:
* ''yeng'' where no initial consonant has been dropped.(初頭子音の脱落がない場合)<br />Example: 例:{{lang|ko|영어 (英語)}} ''yenge''
* ''<sup>l</sup>yeng'' where an initial(初頭の l&nbsp;<small>({{lang|ko|ㄹ}})</small> has been dropped or changed toが韓国の標準的発音で脱落するか n&nbsp;<small>({{lang|ko|ㄴ}})</small> in the South Korean standard language.に変化している場合)<br />Examples: 例:{{lang|ko|영[<nowiki>=</nowiki>령]도 (領導)}} ''<sup>l</sup>yengto''; {{lang|ko|노[<nowiki>=</nowiki>로]무현 (盧武鉉)}} ''<sup>l</sup>No Muhyen<!-- I don't know whether personal names may contain long vowels. If you do, please add macron(s) or leave it as it is, then remove this message. -->''
* ''<sup>n</sup>yeng'' where an initial(初頭の n&nbsp;<small>({{lang|ko|ㄴ}})</small> has been dropped in the South Korean standard language.が韓国の標準的発音で脱落している場合)<br />Example: 例:{{lang|ko|영[<nowiki>=</nowiki>녕]변 (寧邊)}} ''<sup>n</sup>Yengpyen''
 
母音の長さやピッチ、消失した子音が示されることで、イェール式ローマ字は、韓国のハングルの正書法に比べ、ある語が方言でどのように発音されるか予測しやすくなっている。
The indication of vowel length or pitch and disappeared consonants often make it easier to predict how a word is pronounced in Korean dialects when given its Yale romanization compared to its South Korean hangul spelling.
 
There are separate rules for Middle Korean. For example,中期朝鮮語に対しては別個の規則がある。例えば、現代語のローマ字化では ''o'' means {{lang|ko|ㅗ}} (RR ''o'') in a romanization of the current language, butに対応するが、中英語では {{lang|ko|ㆍ}} (''arae&nbsp;a'') for Middle Korean, where を意味し、{{lang|ko|ㅗ}} is transcribed as ''wo''. と翻字される。Martin (1992) uses italics for romanizations of Middle Korean as well as other texts predating theは中期朝鮮語や、その他 1933 abandonment of年の ''arae&nbsp;a'', whereas current language is shown in boldface.放棄以前の文章のローマ字化はイタリックで表記し、現代語はボールドで表記している。
 
== 関連項目 ==
607

回編集