「10.5cm leFH 16」の版間の差分

(en:10.5 cm leFH 16 30 July 2008, at 07:16.(UTC)より翻訳。)
 
 
== 概要 ==
この砲は[[7.7 cm FK 16]]の砲架に105mmの砲身を搭載して製造された。第一次世界大戦終結後、[[ヴェルサイユ条約]]によって大砲の保有を禁止されたドイツから[[戦争賠償]]として[[ベルギー]]が残存砲を接収して装備したが、1940年の[[西方電撃戦]]で再びベルギーはドイツの侵攻を受けて全土が占領された際にleFH 16もドイツ軍が再度接収し'''10.5 cm leFH 327 (b)'''の名称を付けて二線級の後方部隊に配備している
 
[[第二次世界大戦]]直後の1940年の[[ナチス・ドイツのフランス侵攻|西方電撃戦]]で再びベルギーは[[ナチス・ドイツ]]の侵攻を受けて全土が占領された際にleFH 16も[[ドイツ国防軍]]が再度接収し'''10.5 cm leFH 327 (b)'''の名称を付けて二線級の後方部隊に配備している。
 
== スペック ==
6,063

回編集