「密航」の版間の差分

m
Rvv.無理解な個人の主張レベル:Undo revision 21227799 by 220.100.20.28 (会話)
m (Rvv.無理解な個人の主張レベル:Undo revision 21227799 by 220.100.20.28 (会話))
古くは貧しい[[移民]]希望者が、[[20世紀]]に入ると政治的迫害を受けた[[亡命]]者や経済的困窮から母国を脱出する手段として用いることが多くなった。こういった者の中には[[外国人労働者|国外での就労]]を希望しての場合もある。また、政治的迫害を受けていたり、[[戦争]]や[[兵役]]から逃れるために密航する者もいる。
 
20世紀後半になると、各国の[[入国管理]]や[[身分証明]]制度が強化され、[[空港]]や[[港湾]]の警備体制が近代化されるとともに、[[輸送]]も輸送される物資の量的な増大に伴い隠れる手段が少ない[[コンテナ船]]へと変化している。このため[[船舶]]では船員など関係者と内通していない限り密航は不可能となっている。このため、船を密航者で占拠して密航を行う[[ボートピープル]]や[[パスポート]]の偽造などによる偽装出国が増加している。なおただし、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]や[[日本]]のように[[入国審査]]で[[指紋]]採取を実施している国家ではパスポート偽造という手法での密入国は困難になっているという意見も見られるが、指紋を採取したところで、せいぜい当該国が保有するブラックリストと照合することができるだけに留まり、繰り返し密入国・不法滞在を行う者としてブラックリストに載っている場合でもない限り、指紋採取が密入国を阻止する有効な方法になるはずはない
 
その一方で、航空機など船舶以外の交通機関や場合によっては国境を横断する[[鉄道]]列車や[[貨物自動車]]に隠れて便乗して来るケースも見られる。しかし、身分証明が社会補償サービスにも就労にも居住にも、また[[医療保険]]などのような生活支援サービスの前提となるなど、「正式に入国しないと就労以前に居住・生活することもままならない」状態にある[[先進国]]社会では、経済難民による密航は割に合わないものともなっている。
17,053

回編集