「勝村建設」の版間の差分

編集の要約なし
'''勝村建設'''(かつむらけんせつ、''Katsumura Construction'')は、公共住宅、学校などの建築中心で首都圏地盤を築いたとする中堅[[ゼネコン]]。道路基礎工事に特殊技術を持ち、三菱色で知られる。
 
== 概要 ==
親会社のさくらグローバルマネジメントはワシントングローバルファンド(ワシントンDC)、クレインファンド(ニューヨーク)のアジアのエグゼクティブアドバイザー。今回、勝村建設を取得したことに伴い、不動産ファンドを立ち上げる計画をしている。弁護団には平河総合法律事務所(元法務大臣、元検事等所属)や元検事総長などを備え、コンプライアンスを強く意識した体制。
 
== 民事再生手続開始の申立ての経緯 ==
[[暴力団]]を使って談合操作に応じない競合企業を脅しをかけたり嫌がらせをしてきたという[[東京都]][[水道]]局発注工事の談合事件が公になると、国、地方公共団体から指名停止が相次ぎ(約420件)、資金繰りが悪化、メインバンクである[[東京三菱銀行]]からの[[金融]]支援(優先株式の引受による増資)も困難となり自主[[再建]]を断念、2005年9月29日[[東京地方裁判所]]に[[民事再生法]]の適用を申請した。負債316億円。
 
[[鶯谷駅]]近くの本社ビル(自社ビル)も、そのしばらく後から取り壊す工事が行われている
 
尚、[[東京証券取引所]]第一部上場ゼネコンの倒産は、同社以降は、2007年9月の[[みらい建設グループ]] 及び そのグループ会社工業等の[[みらい建設工業グループ]](グループ4社で負債は約600億円)まで、ほぼ2年間無かった。
 
== 役員 ==
匿名利用者