「アスペクト比」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
なお、テレビやデジタル関係では長辺:短辺(横縦比)で表されることが多いが、映画界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い。
*卓球の粒高ラバーの粒の(高さ÷直径)の割合。1.1以上だと反則になる。 
*[[スクリーン・アスペクト比]] (SAR) →[[画面サイズ]]を参照。
** [[テレビ|従来型のテレビ]] (SDTV) の画面は4:3(1.33:1)。パソコンの[[画面解像度]]の比率で、[[VGA|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす代表例である。
** [[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン]] (HDTV) は16:9(1.78:1)。主にフルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニッションテレビの[[画面解像度]]での1920×1080が16:9の条件を満たす。
264

回編集