「常陸府中藩」の版間の差分

m (bot:sty)
 
== 藩史 ==
[[慶長]]7年([[1602年]])、[[出羽国]]の豪族であった[[六郷政乗]]は、[[関ヶ原の戦い]]で東軍に与して武功を挙げたため、常陸国府中に1万石を与えられて府中藩を立藩した。[[元和 (日本)|元和]]9年([[1623年]])、政乗は出羽国[[本藩]]へ移され、その後に[[皆川広照]]が入る。広照と言えば、[[徳川家康]]の子・[[松平忠輝]]の後見人を務めていたことで有名であるが、広照は忠輝の家臣・[[花井吉成]]と対立し、さらに忠輝の不行状による責任なども取らされて、浪人となっていた。しかし幕府からやがて赦免され、再び所領を1万石与えられたのである。広照の後は、その息子である[[皆川隆庸]]が、自分がすでに領していた5000石と父の遺領を併せて1万5000石を領する。ただし、弟の[[皆川宗富]]に1070石を分与したため、1万3930石を領することとなった。[[寛永]]10年([[1633年]])、隆庸は[[近江国]]浅井郡に4000石を加増され、約1万8000石を領する大名となる。隆庸の後は子の[[皆川成郷]]が継ぐ。このとき、成郷は弟の[[皆川秀隆]]に5000石を分与している。しかし成郷は[[正保]]2年([[1645年]])6月に死去。嗣子が無かったため、皆川氏は断絶し、改易となる。そしてしばらくの間、府中藩は廃藩となった。
 
[[元禄]]13年([[1700年]])、[[徳川頼房]]の五男・[[松平頼隆]]([[保内藩]]主)が幕府から新たに常陸・[[陸奥国]]内において2万石を加増されたため、府中に陣屋を置いて府中藩を立藩する。このとき、保内における2万石は水戸藩に返還した。ただし、藩の所領の大半は陸奥国のほうにあったため、陸奥長沼にも陣屋を置いていた。しかし所領が分散していたこと、所領の生産力が低かったことから財政難が起こり、藩財政を早くから逼迫した。
匿名利用者