「原子価」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: is:Eingildi)
'''原子価'''(げんしか)とはある[[原子]]が何個の他の原子と結合するかを表す数である。中学高校で化学を学習する初期、もしくは初心者に対して「"手"の数」と解説されるものである。[[元素]]によっては複数の原子価を持つものもあり、特に[[遷移金属]]は多くの原子価を取ることができるため、多様な酸化状態や反応性を示す。
 
[[定比例の法則]]の確立によってある[[化合物]]に含まれる[[元素]]の質量の比は恒に一定であることが示された。[[ジョン・ドルトン]]はこれを説明するために[[原子]]の概念を導入し、ある化合物に含まれる各元素の原子の数の比は恒に一定となるという考えを示した。この考えに基づいて様々な化合物の[[組成式]]を調べていくとその組成に法則性があることが分かってきた。例えばある[[金属]]原子に[[酸素]]原子が結合する場合、その数は[[塩素]]原子が結合する数の半分となる。
匿名利用者