「マジキュー」の版間の差分

編集の要約なし
記事は大半が[[読者参加企画]]や連載漫画・コラムであるが、少量ながら[[コンピュータゲーム]](「[[キミキス]]」などの自社タイトルや[[オンラインゲーム]])の記事、[[テーブルトークRPG]]「[[アルシャードガイア]]」「[[ナイトウィザード]]」のリプレイなども掲載されていた。
 
雑誌のジャンルは「ビジュアルエンターテインメントマガジン」と銘打たれているが、[[美術誌]]・[[文芸雑誌]]・[[ゲーム雑誌]]・[[アニメ雑誌]]・[[漫画雑誌]]の要素を併せ持つ極めて独自色の強い構成が特徴であった<ref>[[電撃G'smagazines magazine]]([[メディアワークス]]刊)も2005年11月号のリニューアルで、それまでの[[ギャルゲー]]雑誌からマジキューに似たような構成となった。</ref>。その一方、掲載作品によって単行本化までにかなりの期間の差があり、たとえ人気連載であっても単行本化(もしくは画集など、一纏めになって発売される)までかなりの期間(「瓶詰妖精」の場合、作品の連載終了から単行本発売までに約1年半掛かっている反面「[[ツングリ! -本当はツンデレなグリム童話-]]」は連載中盤の時点で早くも単行本化している)を要するなどばらつきが激しかった。かと思えば「[[ハートマーク!]]」のように何の予告もなく休載・打ち切りとなる連載も珍しくなく、読者に対する配慮を欠いているのではないかと指摘されることが少なからずあった。
 
==沿革==
==関連項目==
*[[マジキュー ラブラドールリボルバー]]([[ラジオ番組]]、パーソナリティ:[[新谷良子]])
*[[電撃萌王]][[電撃G'smagazines magazine]]([[メディアワークス]]刊。本誌と似た構成を持つ)
 
==脚注==
373

回編集