「遠野物語」の版間の差分

編集の要約なし
(+関連項目)
編集の要約なし
'''遠野物語'''(とおのものがたり)とは[[柳田國男]]が[[1912年]]([[明治]]45年)に発表した[[説話集]]である。
 
[[岩手県]]遠野町(現・[[遠野市]])出身の[[佐々木喜善]]によって語られた地元の民話を、柳田が編纂したものである。その内容は[[天狗]]、[[河童]]、[[座敷童子]]など[[妖怪]]に纏わるものから[[山人]]、[[迷い家|マヨヒガ]]、[[神隠し]]、死者などに関する怪談、さらには祀られる[[神様]]そして行事など多岐に渡る。
 
『遠野物語』本編は119話で、続いて発表された『遠野物語拾遺』には299話が収録されている。
 
民間伝承に焦点を当て奇を衒ったてらうような改変はな聞いたままの話を編纂したこと、それでいながら文学的な独特の文体であること高く評されている。日本の民俗学の発展に大きく貢献した。
 
== 関連項目 ==
383

回編集