「范陽邁2世」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''范陽邁2世'''('''はんようまいにせい'''、Phạm Dương Mại II、生没年不詳)は、[[5世紀]]前半の[[チャンパ王国]](林邑国)の国王(在位:[[431年]] - [[446年]])。[[范陽邁1世]]の子。
 
もとの名を咄といったが、父王の死後に即位すると、父の生前を慕って「陽邁」と改名した。 [[446年]]、[[宋 (南朝)|宋]]の[[交州]][[刺史]]檀和之の侵攻にさいして[[范扶龍]]に迎撃させたが、范扶龍は敗死し、区粟城を落とされた。さらに宋軍が林邑国都に迫ったため、范陽邁2世は逃亡した。
 
もとの名を咄といったが、父王の死後に即位すると、父の生前を慕って「陽邁」と改名した。 [[446年]]、[[宋 (南朝)|宋]]の[[交州]][[刺史]]檀和之の侵攻にさいして范扶龍に迎撃させたが、范扶龍は敗死し、区粟城を落とされた。さらに宋軍が林邑国都に迫ったため、范陽邁2世は逃亡した。
 
{{先代次代|[[チャンパ王の一覧]]|第三王朝2代:[[431年]] - [[446年]]|[[范陽邁1世]]|[[范神成]]}}
 
[[Category{{DEFAULTSORT:チャンパ王|はんようまい2]]}}
[[Category:チャンパ王]]
{{History-stub}}
匿名利用者