「全日本野球会議」の版間の差分

 
== 概要 ==
日本の野球界は明治期にプロ・社会人・学生・軟式野球の4組織がそれぞれ独立して組織された。また、戦後もそれぞれが独立して運営され、発展してきたという歴史的な経緯があり、別の組織に干渉されることを過度に嫌っている。そのため、従来は野球界を統一して代表する団体を作ろうという動きにはなりにくかった。
 
しかし、若年齢層の野球離れが深刻化する中で、野球界が発展して行くには全体を代表する組織が必要であるという認識が徐々に高まりつつあった。そして、野球がオリンピックの正式競技となることが決定するとそれぞれの組織間で垣根を減らしていく動きが顕著となってきた。