「ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手)」の版間の差分

ダブルス優勝者テンプレート
(ダブルス4冠達成選手、インフォボックスをテスト)
(ダブルス優勝者テンプレート)
[[1991年]]、ジョン・フィッツジェラルドとアンダース・ヤリードはダブルスで年間6勝を挙げ、[[1991年全仏オープンテニス|全仏オープン]]・[[1991年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]・[[1991年全米オープンテニス|全米オープン]]で4大大会3連勝を達成した。年頭の[[1991年全豪オープンテニス|全豪オープン]]だけは、2人は3回戦で敗退している。[[1991年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]ではスマイリーとの混合ダブルスでも初優勝を飾り、自身初の2部門制覇を成し遂げた。しかし、フィッツジェラルドとヤリードは[[1992年全豪オープンテニス|1992年全豪オープン]]で3回戦敗退に終わり、4大大会ダブルス4連勝を逃してしまう。[[1993年全豪オープンテニス|1993年全豪オープン]]では、このコンビで決勝に進み、フィッツジェラルドにとっては[[ジョン・アレクサンダー]]と組んだ[[1982年全豪オープンテニス|1982年]]以来「11年ぶり」2度目の全豪決勝の舞台に立ったが、ここでも準優勝に終わった。結局、フィッツジェラルドは「アンダース・ヤリードとの同一ペアによる」キャリア・グランドスラムを果たせなかった。
 
フィッツジェラルドは[[日本]]でプレーした回数も多く、[[1988年]]の「[[セイコー・スーパー・テニス]]」で[[ボリス・ベッカー]]に敗れた準優勝がある。[[ジャパン・オープン・テニストーナメント選手権|ジャパン・オープン]]の男子ダブルスでは、[[1988年]]に[[ヨハン・クリーク]]と組んで優勝し、[[1991年]]と[[1995年]]の2度[[アンダース・ヤリード]]と組んで準優勝した。[[1995年全米オープンテニス|1995年全米オープン]]の男子ダブルス3回戦敗退を最後に、フィッツジェラルドは第一線から退いたが、現役最後の試合は[[1997年全豪オープンテニス|1997年全豪オープン]]男子ダブルス1回戦で、パートナーは[[オーストラリア]]の後輩選手[[パトリック・ラフター]]であった。
 
ジョン・フィッツジェラルドは男子テニス国別対抗戦・[[デビスカップ]]においても、[[1982年]]から[[1992年]]まで10年間[[オーストラリア]]代表選手を務め、[[1983年]]と[[1986年]]のデ杯優勝に貢献した。[[2001年]]からデ杯オーストラリア代表監督に就任する。監督としても[[2003年]]に優勝があり、現在もデ杯監督として活動を続けている。
== 参考文献 ==
* [[国際テニス連盟]]発行『ワールド・オブ・テニス 1989』(英語、ISBN 0002183110、ウィロー・ブックス)
{{全豪オープン男子ダブルス優勝者}}
{{全仏オープン男子ダブルス優勝者}}
{{ウィンブルドン男子ダブルス優勝者}}
{{全米オープン男子ダブルス優勝者}}
{{ウィンブルドン混合ダブルス優勝者}}
{{全米オープン混合ダブルス優勝者}}
 
{{DEFAULTSORT:ふいつつしえらると しよん}}
[[Category:オーストラリアのテニス選手]]
24,187

回編集