「かんかんのう」の版間の差分

→‎歴史: NHK番組の紹介以下は百科辞典にふさわしくないので削除した
編集の要約なし
(→‎歴史: NHK番組の紹介以下は百科辞典にふさわしくないので削除した)
 
江戸から明治にかけて、「かんかんのう」を唱っていた庶民の大半は、この元歌が中国伝来の歌であることは認識していたが、歌詞の意味は把握しておらず、一種のナンセンス・ソングとして、意味不明ながら語呂の響きを楽しんだのである。
 
近年、NHKテレビ「[[知るを楽しむ]]」で、5代目・柳家小さんによる「かんかんのう」([[らくだ (落語)]])と、その元歌である[[九連環]]の再現演奏が、放送された(2007年4月19日放送、「歴史に好奇心・日中二千年 漢字のつきあい」第3回「まんじゅうこわい」の謎)。
 
== 参考論文・図書 ==
69

回編集