「山体崩壊」の版間の差分

火山以外の山体崩壊に関する記述
(火山以外の山体崩壊に関する記述)
'''山体崩壊'''(さんたいほうかい、sector collapse)とは、[[火山]]などに代表される脆弱な地質条件の山体の一部が[[地震動]]や[[噴火]]、深層風化などが引き金となって大規模な崩壊を起こす現象である。
 
== 山体崩壊のメカニズム ==
=== 火山活動に関連するもの ===
火山活動によって火山が成長をするに従って、急峻で不安定な[[地形]]が生み出されることになる。また火山の成立から時間が経過する中で、[[風化]]作用や火山体内部での[[熱水]]作用などの結果、火山そのものがもろく崩れやすくなっていく。そのような中、強い地震動や噴火が引き金となって火山体の一部が大規模に崩壊する山体崩壊が発生する。
 
山体崩壊は噴火と比べると発生回数が少なく、比較的稀な現象ではあるが、これまで多くの火山で発生しており、一つの火山で複数回発生することも稀ではない。またかつては火山の一生の末期に発生すると考えられていたが、紀元前500〜800年頃に発生したと見られる[[富士山]]の御殿場岩なだれなどのように、必ずしもそうとは限らない。
 
=== 山体崩壊風化の進行によるも ===
[[変成岩]]や[[火山噴出物]]などで形成された山体、[[断層|破砕帯]]に位置する山体などは深層[[風化]]が生じやすく、集中豪雨や地震または何らきっかけがないまま突発的に大規模な山体崩壊を生じさせる。形態的に、巨大な[[地すべり]]性崩壊、転倒型の崩壊(トップリング)が知られている。
山体崩壊はこれまで多くの火山で発生している。一番有名な例としては[[1888年]]に発生した[[磐梯山]]の山体崩壊が挙げられる。これは磐梯山で発生した[[水蒸気爆発]]が引き金となって磐梯火山が大崩壊を起こしたもので、岩屑なだれによって[[長瀬川 (福島県)|長瀬川]]がせき止められ、[[桧原湖]]、[[小野川湖]]、[[秋元湖]]、[[五色沼 (福島県北塩原村)|五色沼]]などの湖沼ができた。
 
== 主な山体崩壊の危険性歴史 ==
また、[[1792年]]に発生した「[[島原大変肥後迷惑]]」と呼ばれる[[雲仙岳]]の眉山の山体崩壊では、雲仙岳のある[[島原半島]]では大規模な岩屑なだれが発生し、[[有明海]]に流れ込んで大きな[[津波]]を引き起こした。眉山の崩壊の原因はまだはっきりしていない点が多いが、地震動によるものとの説が有力である。
*[[1640年]] [[北海道駒ケ岳]]の噴火に伴う崩壊
*[[1741年]] [[渡島大島]]の噴火に伴う崩壊
*[[1792年]] 島原半島眉山の崩壊[[島原大変肥後迷惑]]
*[[1888年]] [[磐梯山]]の崩壊(後述)
*[[1911年]] [[稗田山崩れ]]([[長野県]][[小谷村]])
*[[1961年]] 大西山大崩壊(長野県[[大鹿村]])
*[[1980年]] [[セント・ヘレンズ山]]の崩壊
*[[1984年]] [[長野県西部地震]]による[[御嶽山]]の崩壊
 
===磐梯山===
近代以降の例としては[[1980年]]に発生した[[セント・ヘレンズ山]]の山体崩壊と、[[1984年]]の[[長野県西部地震]]で崩壊をした[[御嶽山]]がある。セント・ヘレンズ山の山体崩壊によって、山体崩壊という現象が注目を集めるようになった。
山体崩壊はこれまで多くの火山で発生している。一番有名な例としては[[1888年]]に発生した[[磐梯山]]の山体崩壊が挙げられる。これは磐梯山で発生した[[水蒸気爆発]]が引き金となって磐梯火山規模な崩壊を起こしたもので、が発生。岩屑なだれによって[[長瀬川 (福島県)|長瀬川]]がせき止められ、[[桧原湖]]、[[小野川湖]]、[[秋元湖]]、[[五色沼 (福島県北塩原村)|五色沼]]などの湖沼ができた。
 
===島原半島===
その他、[[1640年]]に発生した[[北海道駒ケ岳]]、[[1741年]]に発生した[[渡島大島]]の例が挙げられる。北海道駒ケ岳と渡島大島ともに山体崩壊の原因は噴火によるものである。
また、[[1792年]]に発生した「[[島原大変肥後迷惑]]」と呼ばれる[[雲仙岳]]の眉山の山体崩壊では、雲仙岳のある[[島原半島]]ではが発生。大規模な岩屑なだれが発生し、[[有明海]]に流れ込んで大きな[[津波]]を引き起こした。眉山の崩壊の原因はまだはっきりしていない点が多いが、地震動によるものとの説が有力である。この崩壊は、対岸の熊本県側に津波を生じさせ、死者15,000人を越える災害となった
 
===その他===
20世紀末以降の研究によれば、[[ハワイ諸島]]や[[カナリア諸島]]の巨大[[盾状火山]]で、桁違いに巨大な山体崩壊が度々発生してきたことが明らかになった。この崩壊の結果、北太平洋または北大西洋一帯に波高数十メートルの津波が押し寄せたと見られている。
 
このように山体崩壊の危険性は極めて高いのにも関わらず、その認知度は必ずしも高くなく、研究も進んでいない面がある。近い将来に噴火するとされる富士山でも、大規模な山体崩壊が起きるのではないかと懸念されている。
== 山体崩壊の危険性 ==
山体崩壊は[[火砕流]]や[[ラハール|火山泥流]]などと並んで、最も危険な火山現象の一つである。1792年の「[[島原大変肥後迷惑]]」による死者は15,000人を越え、有史以来日本で最大の人的被害をもたらした火山災害となった。また1888年の磐梯山の山体崩壊では桧原村という村が桧原湖の湖底に沈んだ。1640年の北海道駒ケ岳、1741年の渡島大島の山体崩壊ではともに津波が発生し、多くの死者を出した。
 
このように山体崩壊の危険性は極めて高いのにも関わらず、その認知度は必ずしも高くなく、研究も進んでいない面がある。近い将来に噴火するとされる富士山でも、大規模な山体崩壊が起きるのではないかと懸念されている。
 
== 山体崩壊によって生まれた観光名所 ==
磐梯山の山体崩壊によって誕生した五色沼は現在、[[福島県]]の観光名所となっている。同じように1640年の北海道駒ケ岳の山体崩壊の結果、[[大沼 (七飯町)|大沼]]、小沼などの[[湖沼]]群ができた。これらの湖沼もやはり[[北海道]]の観光名所の一つとなっている。紀元前1,000年頃の[[箱根山|箱根火山]]の[[神山]]で発生した山体崩壊では[[芦ノ湖]]が誕生し、また紀元前466年に発生した[[鳥海山]]の山体崩壊は、かつて[[松尾芭蕉]]もその美しさを称えた[[松島]]と並び称される名勝、[[象潟]]を生み出した<ref>[http://hyper.city.nikaho.akita.jp/kyoudo/exhibition/jisin200/jisin200_1.html 「象潟」の成り立ち](象潟町郷土資料館)</ref>。
 
<!-- == 関連項目 == -->
*[[火砕流]]
*[[ラハール|火山泥流]]
 
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
<!-- == 関連項目 == -->
<!-- == 参考文献 == -->
<!-- == 外部リンク == -->
9,241

回編集