「ピクセル」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: kk:Нүкте (ақпараттану))
 
[[Image:Pixel-example.png|thumb|300px|ピクセルの拡大図]]
コンピュータでは連続的な値は扱えないので、[[画像]]なども[[量子化]]して扱う必要がある。その際、分割して出来たその一点を、[[日本語]]、[[日本工業規格|JIS]]では画素、[[英語]]ではピクセルと呼ぶ。例えば、640×480ピクセルと表記されている場合は、その画像には横640個、縦480個のピクセルが並んで表現されていることを示している。表示装置([[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]])などの機器([[デバイス]])も、一般的な[[ラスタースキャン|ラスタ]]ディスプレイでは、ピクセルを単位として画像を表示している。画像を[[次元|2次元]]平面として扱う都合上、普通ピクセルは[[四角形|正方形]]をしている。これは、ピクセルの縦横比が1:1でない場合、<!--例えば、[[楕円]]でなく、[[円 (数学)|円]]を表示するためには、-->その補正のための余分な演算が必要となるからである。
 
カラー画像において、一つのピクセルは、[[赤]]、[[緑]]、[[青]]の[[三原色]]の[[輝度]]から成り立っている。それらにどれだけの情報量を与えるかによって、そのピクセルが表現できる色数が決まる。1ピクセルに1[[ビット]]の情報しか割り当てなければ、2色しか表現できない。それぞれの原色のチャンネルに各8ビット(256階調)、計24ビットの情報を割り当てれば、<math>{(2^8)}^3 = 16,777,216</math> 色が再現できる。1ピクセルあたり32ビットを割り当てる場合 色の表現に24ビットを使用し、残りの8ビットを[[アルファチャンネル]]として、たとえばピクセル毎の透明度を記述するために使用する。
匿名利用者