「閩南語」の版間の差分

→‎概要: 正字体を採用
m (ロボットによる 追加: simple:Min Nan)
(→‎概要: 正字体を採用)
福建省南部とは具体的に漳州、泉州、厦門(アモイ)地方を意味するが、歴史的にこの地方から[[台湾]]、[[広東省]][[潮州]]、[[汕頭]]地方、[[雷州半島]]、[[浙江省]]南部、[[海南省]]や[[東南アジア]]の[[シンガポール]]、[[マレーシア]]、[[タイ王国|タイ]]へ移住した者が多く、これら地方の閩南(福建南部)系住民の間でも話されている。これらの地方で話される言語変種を総称するものが広義の閩南語である。
 
これらの言葉が[[中国語]]の方言であるか、独自の言語群であるかは[[言語学]]上の論争があるが、伝統的には下位の[[ビン語|閩語]]に属する方言だとする見方が多い。方言学的には、広義の閩南語は、閩台グループ(漳州語、泉州語、門語、台湾語と海外閩南語)、浙南グループ、潮汕グループ([[潮州語]])、海南グループ([[海南語]])に分類される。
 
狭義の閩南語は、東南アジアでは '''Hokkien''' とも呼ばれる。[[客家語]](ハッカご、Hakka)と紛らわしいが、「福建」の意味である。台湾では[[台湾語]]もしくはホーロー語とも呼ばれる。これは台湾の国語である[[普通話|標準中国語]]([[國語 (中国語)|台湾國語]]。[[北京語]]に類似)と区別するために台湾土着の言葉として考えられている([[オーストロネシア語族]]系[[台湾原住民]]の言葉は全く系統が違うので注意する必要がある)。
33,542

回編集