「離婚」の版間の差分

司法統計によれば、離婚の申し立てにおいて、夫からの申し立て理由は「性格が合わない」、「異性関係」、「異常性格」の順で多い。また妻からの申し立て理由は、「性格が合わない」、「暴力をふるう」、「異性関係」の順で多い<ref>[http://www.courts.go.jp/sihotokei/nenpo/pdf/B18DKAJ17~18.pdf 司法統計] (pdf)</ref>。
 
アメリカでは、大学の公開講座や宗教団体などが、健全な家庭生活を維持・増進させるための活動をしているが、そうした団体の一つであるThe National Marriage Project は、離婚の原因は「家庭の運営に必要な知識を持っていないこと」であるとして、必要な情報を提供している<ref>[http://marriage.rutgers.edu/aboutnmp.html The National Marriage Project]</ref>。また、Marriage Builders ([[ウィラード・ハーリ]])は、「心からの合意の原則」など、考え方の食い違いを調整するために必要な諸概念について解説している<ref>[http://www.marriagebuilders.com/ Marriage Builders]</ref>。また、Smart Marriage では、離婚の原因は「意見の食い違いを調整する技術を持たないこと」であるとして、その技術を習得するための教育を行い成果を挙げている<ref>[http://www.smartmarriages.com/index.html Smart Marriage]</ref>。また、アメリカ政府機関による[[人間関係の教育]]も行われている<ref>[http://www.acf.hhs.gov/healthymarriage/ Healthy Marriage Initiative]</ref>
 
== 離婚が子どもに与える影響 ==
匿名利用者