「京 (数)」の版間の差分

編集の要約なし
(wikitable風,項目名の下に罫線)
'''京'''(けい)は[[漢字]]文化圏]]における[[数]]の[[単位]]の一つ。京がいくつを示すかは時代や地域により異なる。現在、[[日本]]・[[台湾]]・[[韓国]]では10<sup>16</sup>を示し、[[中華人民共和国]]では用いられていない。
 
当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「下数」が行われていたので、[[一]]・[[十]]・[[百]]・[[千]]・[[万]]・[[億]]・[[兆]]・京で「京」は10<sup>7</sup>となる。後に行われた「上数」では、京は兆(10<sup>16</sup>)の兆倍で10<sup>32</sup>を指した。「中数」の万万進では兆(10<sup>16</sup>)の億倍で10<sup>24</sup>、万進では兆(10<sup>12</sup>)の万倍で10<sup>16</sup>となる。
匿名利用者