「ペラグラ」の版間の差分

m
一部追加。
m (ロボットによる 追加: te:పెల్లాగ్రా)
m (一部追加。)
{{medical}}
'''ペラグラ'''(Pellagra、[[イタリア語]]で「皮膚の痛み」)は[[代謝内分泌疾患]]の一つで、[[ナイアシン]]欠乏症である。[[ICD10]]ではE52。
 
ナイアシンは[[必須アミノ酸]]のひとつである[[トリプトファン]]から体内で[[生合成]]されるので、トリプトファンが欠乏することでもナイアシンが欠乏し、結果ペラグラを発症する。
 
[[1926年]]に、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の医学者[[ジョゼフ・ゴールドバーガー]]([[:w:Joseph Goldberger|Joseph Goldberger]])によって肉や牛乳に含まれる何らかの栄養不足が原因であると突き止められ、[[1937年]]になってナイアシン欠乏が原因と判明した。
==概略==
ペラグラは[[トウモロコシ]]を主食とする地域でよくみられるが、トウモロコシのナイアシンは[[アルカリ]]で処理することによって吸収されるようになる([[メキシコ]]の[[トルティーヤ]]は良い例である)。ペラグラは季節性で、食事の内容が主にトウモロコシ製品に偏る春から夏にかけて起こりやすい。
その後、[[消化管]]全体が侵されて吐き気、嘔吐、便秘、下痢などの症状が出、舌と口に[[口内炎]]が生じる(喉や[[食道]]にも炎症が起こる)。
 
その後、疲労、不眠、無感情を経て、脳の機能不全(脳症)による錯乱、見当識の喪失、幻覚、記憶喪失などが起こり、最悪の場合死に至る。
 
治療においては、[[ニコチン酸アミド]]及びビタミンB群を経口摂取する。
 
{{Medical-stub|へらくら}}
{{DEFAULTSORT:へらくら}}
 
[[category:代謝内分泌疾患|へらくら]]
[[category:皮膚疾患|へらくら]]
[[category:栄養学|へらくら]]
 
[[da:Pellagra]]