「大潮清治郎」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 来歴 ==
[[陸奥部屋]]に入門、[[1919年]]1月場所に[[初土俵]]をふむ。入門も遅かったこともあって、昇進もゆっくりで、新[[十両]]が[[1928年]]3月、新入幕は[[1932年]]1月場所で、すでに30歳を超えていた。その新入幕の場所に[[春秋園事件]]が起こり、多くの力士が脱退したが、彼は残留し、その結果いきなり東[[前頭]]2枚目と[[幕内]]上位に進出することになった(事件前の[[番付]]は東前頭12枚目だった)。そこでもよく健闘し、5月には[[小結]]に昇進した。その後、[[関脇]]に達し、右四つから寄る正攻法の相撲で長く上位で活躍した。典型的な大器晩成で息の長い活躍を見せ、[[1940年]]1月場所6日目[[男女ノ川登三|男女ノ川]]を降して[[金星 (相撲)|金星]]を挙げた時の年齢は39歳5ヶ月でこれは現在も金星獲得最年長記録である。[[1941年]]5月場所限りで現役を退いたが、その時は40歳を過ぎていた。人柄良く風格を湛えた土俵態度で力士からの人望も集めた。
 
現役中の[[1937年]]から[[二枚鑑札]]で[[年寄]]・[[陸奥 (相撲)|陸奥]]を襲名し、陸奥部屋を率いて、[[若潮芳雄|若潮]]を幕内に育てた。現役最後の場所は若潮新入幕の場所でもあり、師弟そろっての幕内土俵入りという偉業をなしとげた。引退後は[[1960年]]に部屋を閉じて、同系統で対戦のなかった[[錦島部屋]]に移籍、錦島部屋の消滅後は[[時津風部屋]]にうつり、停年退職を迎えた。