「舞踏への勧誘」の版間の差分

編集の要約なし
{{クラシック音楽}}
『'''舞踏への勧誘'''』(ぶとうへのかんゆう、[[ドイツ語:Aufforderung]]:''Aufforderung zum Tanz)Tanz'')[[変ニ長調]][[作品番号|作品]]65は、[[カール・マリア・フォン・ウェーバー]]の[[ピアノ]]曲で最も有名な作品。[[エクトル・ベルリオーズ|ベルリオーズ]]編曲による[[管弦楽]]版でも広く知られている。『'''舞踏への招待'''』(ぶとうへのしょうたい)などの訳もある。随所に一対の男女の姿を描写する部分があり、[[標題音楽]]を得意とする[[オペラ]]作家の作風があらわれている。
 
== 楽曲構成 ==
[[ロンド形式]]。
 
 
==ベルリオーズの管弦楽編曲版==
*[[1841年]]、パリ・[[パリ国立オペラ|オペラ座]]で[[魔弾の射手]]が上演された際、当時のフランス・オペラ上演の慣例により挿入された[[バレエ]]シーンのために編曲されたもの。編曲者ベルリオーズはウェーバーを崇拝しており、魔弾の射手』のパリ上演もその尽力で実現した。ベルリオーズは最初「ウェーバーに対する冒涜に当たらないか?」となかなか筆を進めなかったが、結局後世に残る名編曲に仕立て上げた。管弦楽を考慮して[[ニ長調]]に変えている
 
*[[1911年]]、[[バレエ・リュス]]により'''薔薇の精''' 』(''Le Spectre de la rose'' )の名でバレエとして上演された。[[テオフィル・ゴーティエ]]の詩による物語で、[[ミハイル・フォーキン]]の振り付け、[[レオン・バクスト]]の美術による。[[ヴァーツラフ・ニジンスキー]]が薔薇の精を演じ、この役はニジンスキーの名を不朽のものとした。
*ベルリオーズは最初「ウェーバーに対する冒涜に当たらないか?」となかなか筆を進めなかったが、結局後世に残る名編曲に仕立て上げた。管弦楽を考慮して[[ニ長調]]に変えている。
 
*[[1911年]]、[[バレエ・リュス]]により「'''薔薇の精''' Le Spectre de la rose」の名でバレエとして上演された。[[テオフィル・ゴーティエ]]の詩による物語で、[[ミハイル・フォーキン]]の振り付け、[[レオン・バクスト]]の美術による。[[ヴァーツラフ・ニジンスキー]]が薔薇の精を演じ、この役はニジンスキーの名を不朽のものとした。
 
 
{{Classic-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:ふとうへのかんゆう}}
[[Category:管弦楽曲]]
[[Category:ワルツ]]
 
[[pl:Zaproszenie tu tanza]]
匿名利用者