「朴鋕恩」の版間の差分

編集の要約なし
m
|katakana=パク・ジウン
}}
'''朴鋕恩'''(パク・ジウン、ぼく しおん、[[1983年]]11月4日 - )は、[[韓国]]の女流[[棋士 (囲碁)|囲碁棋士]]。[[京畿道]][[富川市]]出身、[[韓国棋院]]所属、金東勉八段門下、段。[[正官庄杯世界女子囲碁最強戦]]優勝など。[[趙惠連]]、尹映善、權孝珍、李英信らと並んで、韓国女流五新星と呼ばれたが、韓国人女性棋士初の九段となる。
 
==経歴==
1997年入段。1999年二段、第1期女流名人戦で、李英信二段を2-1で破って優勝。2001年、興倉杯世界女子選手権戦で準優勝。2002年、第1回[[トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦]]に韓国代表として出場、1回戦で[[依田紀基]]に勝つが、[[兪斌]]に敗れる。2004年、正官庄杯の準決勝で[[ゼイ廼偉|芮廼偉]]を2-1、決勝で尹瑛善を2-0で破り優勝。同年農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦に韓国チーム3番手として出場するが[[小林光一]]に敗れる。2007年、第1回の大理杯世界女流プロ世界選手権に出場し金恵敏を下し優勝。また2008年に1回の遠洋地産杯世界女子プロオープン戦に出場し、決勝で[[ゼイ廼偉|芮廼偉]]を下し優勝と2つの国際女流棋戦を制し実力を知らしめた2008年、韓国棋院の世界大会で優勝すると一段昇段する規定により、韓国人女性院女流初の九段昇段となった。
 
===タイトル歴===
 
[[Category:韓国の囲碁棋士|はく しうん]]
[[Category:囲碁棋士|はく しうん]]
[[Category:1983年生|はく しうん]]