「中島春雄」の版間の差分

編集の要約なし
(出演作、特徴)
'''中島 春雄'''(なかじま はるお、[[1929年]][[1月1日]] - )は、[[日本]]の元[[俳優]]。[[山形県]][[酒田市]]出身。通称、春坊。
 
==来歴==
 
戦後、[[進駐軍]]の運転手を経て、映画俳優学校に入学。[[1949年]]の[[黒澤明]]監督作品『[[野良犬 (映画)|野良犬]]』で映画に初出演するが、編集で出演シーンを全てカットされてしまったため、幻のデビュー作となった。[[1950年]]、[[広瀬正一]]らと共に[[東宝]]に入社。
 
『[[ゴジラ (1954年の映画)|ゴジラ]]』を始めとする[[ゴジラ|ゴジラシリーズ]]でゴジラを演じた[[スーツアクター]]として有名。また、ゴジラ以外の[[怪獣映画]]や、『[[ウルトラマン]]』、『[[ウルトラセブン]]』などの[[円谷プロ]]のテレビ作品にも、主に怪獣役で出演した。
 
[[1971年]]、東宝から専属契約解除を言い渡され、その後、東宝撮影所脇の、東宝経営のボウリング場に勤務。
 
[[1972年]]、特撮スタッフからたっての願いを受けて『[[地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン]]』でゴジラを演じる。この作品を最後に、ゴジラのスーツアクターを引退する。
 
==ゴジラ俳優として==
 
『[[太平洋の鷲]]』(1953年)での航空兵役で、日本で初めて身体に火をつけての[[スタント|ファイヤースタント]]を演じた。ゴジラに入るきっかけは、若くて体力があったのと、このファイヤースタントを[[円谷英二]]が心に留めていたからだろうと語っている。昭和29年の第一作目のゴジラは200kgもあり、一度こければ自力では立ち上がれないようなものだったが、「軍隊で鍛えられてますからね、別段どうってことは無かったですよ」とは本人の弁。
 
日本初の大怪獣ゴジラを演じるに当たって、どんな動きをすればリアルに見えるかと悩み、[[上野動物園]]に日参して動物の動きを研究したエピソ-ドは余りにも有名である。 中島的なゴジラの動きとは、「脇を開かず、つま先を蹴り上げて歩くこと」だという。また、怪獣に入る際には、必ず頭に汗止めの豆絞りの鉢巻を巻くのが常だった。
 
当初は先輩俳優の[[手塚勝巳]]と二人で入ったゴジラのぬいぐるみ([[着ぐるみ]])だが、『[[ゴジラの逆襲]]』からは完全に中島の体格に合わせたオーダーメイド仕様となった。したがってゴジラを改造してテレビに登場したゴメスやジラースも、中島が演じている。
 
怪獣を作るスタッフたちのいる特美科には始終出入りして、互いに意見を交換し合っていた。残業している造型スタッフを労いに、よく馬肉を買ってきて焼肉をご馳走したそうである。
 
新しいゴジラが作られる際には、必ず中島が試着して転げ回り、脇や股の部分を破いて、そこに「マチ(継ぎ布)」を縫いこませて動きやすいようにしていた。また、かかとにヒール部分を入れさせたのも中島の工夫である。このヒール部分を入れることで、トンボが切れるようになったという。腰のひねりによって、ゴジラの尻尾を動かす技も編み出し、「怪獣の尻尾を中から動かせるのは僕だけですよ」とコメントしている。ゴジラの尻尾の付け根には、頭部ギミック用の自動車用のバッテリーが内蔵されており、慣れてくると、ぬいぐるみに入ったまま、このバッテリー部分に腰掛けて、待ち時間の間に居眠りできるほどだった。
 
怪獣同士の格闘は、相手役と打ち合わせ、中島が立ち回りを考えていた。円谷英二は黙って任せてくれて、まったく口出ししなかったそうである。『[[キングコング対ゴジラ]]』で、コングがゴジラを背負い投げする豪快なシーンがあるが、これもコング役の[[広瀬正一]]と打ち合わせてぶっつけ本番で行ったものである。
 
のちに氾濫するテレビ怪獣たちには、「動きがギャング的というか、軽すぎて、あれじゃ怪獣の動きとはいえない。単に軽いだけだ」と苦言を呈していた。 怪獣は重くなければいけないものであり、重い怪獣を軽そうに演じるのが本来の怪獣演技だとの主張である。
 
[[円谷英二]]が亡くなったあとは、まったく怪獣役にも興味が無くなってしまい、東宝をリストラされたこともあって、もう怪獣を演じるつもりはなかったという。が、特撮スタッフに「春ちゃん以外にゴジラを演れる人がいないから」と説得され、『[[ゴジラ対ヘドラ]]』、『[[ゴジラ対ガイガン]]』のニ作でゴジラを演じている。
 
==エピソード==
 
着ぐるみを着ての怪獣の演技があまりに多かったためか、素顔で出演する時は「捜索隊員」や「ガラス拭き」などといった、名前のない端役が多い。
 
第一作目の『[[ゴジラ(1954年の映画)|ゴジラ]]』で、プールでの撮影中に誤って電力ケーブルが落ち、中島はゴジラに入ったまま感電し、危うく死にかけた。以後、プールのシーンでは医者と看護婦が待機するようになった。また、『キングコング対ゴジラ』のラストで、コングと抱き合ったまま海に落ちるシーンでは、落下の勢いで気絶してしまい、もう少しで溺死するところだった。
『[[太平洋の鷲]]』(1953年)での航空兵役で、日本で初めて身体に火をつけての[[スタント|ファイヤースタント]]を演じた。
 
『[[怪獣大戦争]]』で、ゴジラが「[[シェー]]」をして話題となったが、これは中島の発案だという。円谷英二に電話でこのアイディアを伝えると、円谷も大乗り気で賛同してくれたという。公開当時、中島は「ちょっと社会風刺を取り入れてみたんです」とコメントしている。
『[[地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン]]』を最後にゴジラのスーツアクターを引退。その後、東宝のボウリング場で働いていた。
 
ゴジラ俳優としての知名度は世界的であり、海外では「'''ミスター・ゴジラ'''」との尊称で親しまれている。主にアメリカのファン・イベントなどでの講演依頼は引きも切らず、近年、貯まった講演料で家を建てたそうである。
 
ハリウッドで怪獣映画を撮るときにゴジラで高名な氏を着ぐるみ役者として破格のギャラで呼ぶ事になっていた。本場で演技が出来ると氏も乗り気であったが、ゴジラの次回作が有ったために日本側の映画陣に請われて断念した。
*[[太平洋の鷲]]([[1953年]])
*[[七人の侍]]([[1954年]])
*[[ゴジラ (1954年の映画)|ゴジラ]](1954年):[[ゴジラ (架空の怪獣)|ゴジラ]]、変電所技師
*[[透明人間 (1954年の映画)|透明人間]]([[1954年]]):車に轢かれる透明人間
*[[ゴジラの逆襲]]([[1955年]]):ゴジラ
*[[ウルトラマン]](1966年):[[ウルトラマンの登場怪獣#透明怪獣 ネロンガ|ネロンガ]]、[[ガボラ]]、[[ジラース]]、[[キーラ (ウルトラ怪獣)|キーラ]]、ター坊の父ちゃん、巨大フジ隊員に発砲する警官隊・隊長
*[[ウルトラセブン]]([[1967年]]):[[ウルトラセブンの登場怪獣#地底ロボット ユートム|ユートム]]
 
===演じた俳優===
 
*[[毒蝮三太夫]]
 
==外部リンク==
匿名利用者