「相 (言語学)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: pt:Aspecto gramatical)
m
結果や経験を表す完了相 (perfect) と、出来事を全体としてとらえる完結相 (perfective) はしばしば混同されるが、実は異なるものである。<!--後者は完全相、全体相、完成相とも呼ばれる。-->
 
相は、多くの言語において時制と組み合わされた形態(現在進行形、現在完了形など)で存在するが、スラヴ語などでは[[時制]]と区別される独立のカテゴリーを形成している。[[ロジバン]]でも、アスペクトを表現する相制が間制(時間と空間のテンス)と法制([[法 (文法)|法]])にたいして独立している。ただしこれらの制用法は同じ統語論原理に基づいており、自由に組み合わせられる。
 
== 日本語 ==
 
日本語では、
 
 
== 日本手話 ==
 
日本手話においてアスペクト(相)の問題は研究途上にある。知られているところでは次のようなものが挙げられる。なお(かっこ)内の説明部分がアスペクト変化の文法的要素。続く部分が日本語訳。
 
1,161

回編集