「衆議院比例代表制選挙区一覧」の版間の差分

編集の要約なし
(初版の一日後に工事終了していると見られ、一ヶ月以上経過しているため工事中を取る。他。)
'''衆議院比例代表制選挙区一覧'''(しゅうぎいん ひれい だいひょうせい せんきょく いちらん)は、[[日本国]]の[[衆議院議員総選挙]]における[[比例代表制選挙]]の[[選挙区]]('''比例ブロック''')の一覧。各選挙区選出の議員については[[衆議院議員一覧]]を参照のこと
 
== 概要 ==
衆議院議員総選挙における[[1994年比例代表制]][[3月24日]]成立(同年12月25日施行)および同年6月29日成立(同日施行)のは、{{和暦|1994}}に改正された[[公職選挙法]]により[[従来の衆議院議員総選挙]]において用いられてきた[[中選挙区制]]が全面的に廃止され、新たに[[小選挙区比例代表並立制]]が採られたことにより導入された。国政選挙における比例代表制そのものは、すでに{{和暦|1982}}から、[[参議院議員通常選挙]]において、従来の[[全国区制]]に替えて導入されていた。
 
衆議院比例代表制選挙区の区割りは、公職選挙法第13条第2項および別表第二により、各[[都道府県]]を構成単位として、47都道府県全域を'''11'''の選挙区としている。[[衆議院小選挙区制選挙区一覧|衆議院小選挙区制選挙]]の定数が300であるのに対して、比例代表制選挙の定数は'''180'''である({{和暦|1994}}から{{和暦|2000}}までは200)。一般に、小選挙区制は二大政党に集約され、政権交代が起きやすくなるとされるのに対して、比例代表制は小党が分立し、中選挙区制(大選挙区制)は政権交代が起きにくくなるとされる。現行の衆議院議員総選挙における小選挙区選出議員の定数と比例代表選出議員の定数は、小選挙区制を導入したときの内閣([[非自民非共産連立政権]]の[[細川護煕内閣]])と、当時の[[野党]][[自由民主党 (日本)|自民党]]の勢力が拮抗し、その後、[[自公連立|自自公連立政権]]が登場するなど、様々な調整の結果、定まったものである。
[[比例代表制]]そのものは、既に[[1882年]]に[[参議院議員通常選挙]]に、[[全国区制]]に代えて導入されていたが、制度的かつ全国的な[[小選挙区制]]の導入は初めてであった。
 
公職選挙法で「衆議院(比例代表選出)議員の選挙区」と定められる比例代表制の選挙区は、'''比例ブロック'''あるいは単に'''ブロック'''とも呼ばれ、個々の選挙区を指すときには'''比例○○ブロック'''、'''○○ブロック'''と選挙区名を入れて呼ばれる。
[[衆議院比例代表制選挙区]]の区割りは、[[公職選挙法]]第12条、第13条第2項および同項の「別表第二」により、各[[都道府県]]を構成単位として、47都道府県全域を11の選挙区に区割りしている。
 
== 比例北海道ブロック ==
[[衆議院小選挙区制選挙]]の総定数が300名であるのに対して、[[衆議院比例代表制選挙]]の総定数は当初は200名であったが、2000年に削減されて180名となった。
{{main|比例北海道ブロック}}
* 選挙区:[[北海道]]
* 議員数:8
 
== 比例東北ブロック ==
このアンバランスは、公職選挙法を改正した時の政権([[非自民非共産連立政権]]の[[細川護煕内閣]])が政権交代の起こり易い選挙制度を志向し続けていたところ、金権腐敗・政治腐敗の後遺症に苦しむ[[野党]][[自由民主党 (日本)|自民党]]が参議院での有利を生かして粘ったためである。
{{main|比例東北ブロック}}
* 選挙区:[[青森県]]、[[岩手県]]、[[宮城県]]、[[秋田県]]、[[山形県]]、[[福島県]]
* 議員数:14
 
== 比例北関東ブロック ==
公職選挙法的には、この[[衆議院]]の[[比例代表制]]の[[選挙区]]は、[[衆議院比例代表制選挙区]]、[[衆議院比例代表選挙区]]あるいは単に[[比例代表制選挙区]]、[[比例代表選挙区]]と表現されて然るべきものである。しかし実際には、「[[小選挙区]]」「[[選挙区]]」ではなく、比例代表ブロック、比例ブロック、比例代表区、比例区あるいは単に[[ブロック (曖昧さ回避)|ブロック]]と簡略かつ独特に表現されることが多い。
{{main|比例北関東ブロック}}
* 選挙区:[[茨城県]]、[[栃木県]]、[[群馬県]]、[[埼玉県]]
* 議員数:20
 
== 比例南関東ブロック ==
また、[[国政選挙]]の[[比例代表制選挙]]においては実際に選挙区の区割りを行なっているのは[[衆議院議員総選挙]]のほうだけである([[参議院比例代表制選挙区]]は「全都道府県」がいわば1つの選挙区)。よって、各[[衆議院比例代表制選挙区]]の呼び方も公職選挙法的には比例代表制○○○選挙区、比例○○○選挙区、○○○選挙区などと表現されて然るべきところである。しかしながら世間では、それよりも[[比例代表制選挙区]]が人為的な[[大選挙区]]であるということのほうが注目され、「[[選挙区]]」という言葉の代わりに[[ブロック (曖昧さ回避)|ブロック]]という言葉が多用され、比例代表○○○ブロック、比例○○○ブロックあるいは単に○○○ブロックと表現されることが多い。
* 選挙区:[[千葉県]]、[[神奈川県]]、[[山梨県]]
* 議員数:22
 
ここでは、== 比例○○○東京都ブロック方式に従う。 ==
{{main|比例東京ブロック}}
* 選挙区:[[東京都]]
* 議員数:17
 
== [[比例北海道陸信越ブロック]] ==
{{main|比例北陸信越ブロック}}
* [[選挙区]]
* 選挙区:[[新潟県]]、[[富山県]]、[[石川県]]、[[福井県]]、[[長野県]]
** [[北海道]]全域。
* 議員:11
 
** 8名。
== [[比例東ブロック]] ==
* 選挙区:[[岐阜県]]、[[静岡県]]、[[愛知県]]、[[三重県]]
* [[選挙区]]
* 議員数:21
** [[青森県]]、[[岩手県]]、[[宮城県]]、[[秋田県]]、[[山形県]]、[[福島県]]、これらの全域。
 
* 定数
== 比例近畿ブロック ==
** 14名。
* 選挙区:[[滋賀県]]、[[京都府]]、[[大阪府]]、[[兵庫県]]、[[奈良県]]、[[和歌山県]]
== [[比例北関東ブロック]] ==
* 議員数:29
* [[選挙区]]
 
** [[茨城県]]、[[栃木県]]、[[群馬県]]、[[埼玉県]]、これらの全域。
== 比例中国ブロック ==
* 定数
{{main|比例中国ブロック}}
** 20名。
* 選挙区:[[鳥取県]]、[[島根県]]、[[岡山県]]、[[広島県]]、[[山口県]]
== [[比例南関東ブロック]] ==
* 議員数:11
* [[選挙区]]
 
** [[千葉県]]、[[神奈川県]]、[[山梨県]]、これらの全域。
== 比例四国ブロック ==
* 定数
{{main|比例四国ブロック}}
** 22名。
* 選挙区:[[徳島県]]、[[香川県]]、[[愛媛県]]、[[高知県]]
== [[比例東京ブロック]] ==
* 議員数:6
* [[選挙区]]
 
** [[東京都]]全域。
== 比例九州ブロック ==
* 定数
{{main|比例九州ブロック}}
** 17名。
* 選挙区:[[福岡県]]、[[佐賀県]]、[[長崎県]]、[[熊本県]]、[[大分県]]、[[宮崎県]]、[[鹿児島県]]、[[沖縄県]]
== [[比例北陸信越ブロック]] ==
* 議員数:21
* [[選挙区]]
** [[新潟県]]、[[富山県]]、[[石川県]]、[[福井県]]、[[長野県]]、これらの全域。
* 定数
** 11'名。
== [[比例東海ブロック]] ==
* [[選挙区]]
** [[岐阜県]]、[[静岡県]]、[[愛知県]]、[[三重県]]、これらの全域。
* 定数
** 21名。
== [[比例近畿ブロック]] ==
* [[選挙区]]
** [[滋賀県]]、[[京都府]]、[[大阪府]]、[[兵庫県]]、[[奈良県]]、[[和歌山県]]、これらの全域。
* 定数
** 9名。
== [[比例中国ブロック]] ==
* [[選挙区]]
** [[鳥取県]]、[[島根県]]、[[岡山県]]、[[広島県]]、[[山口県]]、これらの全域。
* 定数
** 11名。
== [[比例四国ブロック]] ==
* [[選挙区]]
** [[徳島県]]、[[香川県]]、[[愛媛県]]、[[高知県]]、これらの全域。
* 定数
** 6名。
== [[比例九州ブロック]] ==
* [[選挙区]]
** [[福岡県]]、[[佐賀県]]、[[長崎県]]、[[熊本県]]、[[大分県]]、[[宮崎県]]、[[鹿児島県]]、[[沖縄県]]、これらの全域。
* 定数
** 21名。
 
== 関連項目 ==
264

回編集