「揖屋駅」の版間の差分

 
==駅構造==
単式・島式の複合型2面2線の[[プラットホーム|ホーム]]を持つ地上駅。[[日本の鉄道駅#業務委託駅|業務委託駅]]であり、窓口にはPOS端末、駅舎内には自動券売機が設置されている。駅舎は上りホーム側にあり、下りホームへは跨線橋で連絡している。かつては2面3線であったが、2001年の島根県内山陰線高速化の際に中線(下りホームの駅舎側)が撤去され、現在の形となった。
 
[[2001年]][[7月]]の島根県内の山陰線高速化の際に、ホーム先端から米子方約2kmの複線化を行った。[[1982年]]の[[伯耆大山駅]]~知井宮駅(現・[[西出雲駅]])間の電化の時に用地は確保されていながら、施工されていなかった。
匿名利用者