「サンティアーゴ・デ・クーバ」の版間の差分

es:Santiago de Cubaを参考にテンプレートを追加
m (ロボットによる 変更: no:Santiago de Cuba)
(es:Santiago de Cubaを参考にテンプレートを追加)
{{世界の市
[[Image:Santiagodecuba1.jpg|thumb|300px|right|サンティアーゴ・デ・クーバ]]
|正式名称 = サンティアゴ・デ・クーバ
|公用語名称 = Santiago de Cuba
|愛称 =
|標語 =
|画像 = Santiagodecuba1.jpg
|画像サイズ指定 =
|画像の見出し =
|市旗 = Escudo Antiguo Santiago de Cuba.jpg
|市章 = Escudo Actual Santiago de Cuba.jpg
|位置図 =
|位置図サイズ指定 =
|位置図の見出し =
|緯度度= 20|緯度分= 01|緯度秒= |N(北緯)及びS(南緯)= N
|経度度= 75|経度分= 50|経度秒= |E(東経)及びW(西経)= W
|下位区分名 = [[Image:Flag of Cuba.svg|25px]][[キューバ|キューバ共和国]]
|下位区分種類1 = [[キューバの行政区画|州]]
|下位区分名1 = [[サンティアゴ・デ・クーバ州]]|下位区分種類2 =
|下位区分名2 =
|下位区分種類3 =
|下位区分名3 =
|下位区分種類4 =
|下位区分名4 =
|最高行政執行者称号 =
|最高行政執行者名 =
|最高行政執行者所属党派 =
|成立区分 = 建設
|成立日 = [[1515年]]
|規模 = 市
|総面積(平方キロ) =
|総面積(平方マイル) =
|陸上面積(平方キロ) =
|陸上面積(平方マイル) =
|水面面積(平方キロ) =
|水面面積(平方マイル) =
|水面面積比率 =
|市街地面積(平方キロ) =
|市街地面積(平方マイル) =
|都市圏面積(平方キロ) =
|都市圏面積(平方マイル) =
|標高(メートル) = 82
|標高(フィート) =
|人口の時点 = [[2006年]]
|人口に関する備考 =
|総人口 = 426,199
|人口密度(平方キロ当たり) = 77.9
|人口密度(平方マイル当たり) =
|市街地人口 =
|市街地人口密度(平方キロ) =
|市街地人口密度(平方マイル) =
|都市圏人口 =
|都市圏人口密度(平方キロ) =
|都市圏人口密度(平方マイル) =
|等時帯 = [[東部標準時]]
|協定世界時との時差 = -5
|夏時間の等時帯 = [[東部夏時間]]
|夏時間の協定世界時との時差 = -4
|郵便番号の区分 =
|郵便番号 =
|市外局番 =
|ナンバープレート =
|ISOコード =
|公式ウェブサイト = [http://www.santiago.cu/ santiago.cu]
|備考 =
}}
 
[[Image:Castillo del Morro by Glogg 4.jpg|thumb|300px|right|モーロ要塞]]
 
'''サンティアーゴ・デ・クーバ'''([[スペイン語]]:''Santiago de Cuba'')は、[[キューバ]]の南東部にある[[都市]]。サンティアーゴ・デ・クーバ州の州都。[[人口]]は40万4,100人。[[カリブ海]]に面したマエストラ湾岸にある[[港湾]]都市かつ[[工業]]都市である。[[ディエゴ・ベラスケス・デ・クエリャル|ディエゴ・ベラスケス]]によって建設された[[古都]]であるが、[[16世紀|16]]~[[17世紀]]には[[海賊]]による密貿易の拠点であった。[[18世紀]]末、[[ハイチ]]独立でハイチから亡命した[[フランス人]]が移住し、[[サトウキビ]]の栽培地域が拡大された。その影響で、市内の通りには[[スペイン]]と[[フランス]]の様式で建てられた建物が今なお現存している。[[1898年]]、この地でキューバにおける[[米西戦争]]の戦火が発生し、後のキューバ[[独立]]に寄与する結果となった。また、[[1953年]]には[[フィデル・カストロ]]率いる160名の青年兵士が、キューバ革命の端緒となるキューバ陸軍モンカダ兵営の襲撃を行なった。現在、サンティアーゴ・デ・クーバは、[[マンガン]]や[[銅]]などの[[鉱物]]と[[砂糖]]や[[タバコ]]の船積みが行なわれる港があることで知られ、[[パナマ]]国際航路の中継港になっている。また、キューバ縦断道路の東側の基点でもある。市内にオリエンテ大学がある。
 
11,551

回編集