「リーマン・ブラザーズ」の版間の差分

== 歴史 ==
=== リーマン兄弟による創業 ===
[[1844年]]、23歳のヘンリー・リーマンは[[バイエルン王国]]のリンパーの町からアメリカに移民し、アラバマ州[[モンゴメリー (アラバマ州)|モンゴメリー]]で日用品店「H.リーマン商店」を開いた。弟のエマニュエルとメイヤーが相次ぎ移民して来たために、1850年に店名をリーマン兄弟商会(リーマン・ブラザーズに変更する。当時、[[アメリカ合衆国南部]]では[[綿花]]生産が盛んで、兄弟は客から支払いで現金の代わりに綿花の現物を受け入れたことをきっかけに、綿花取引に経営の重点を移し、当時綿花取引の中心となりつつあったニューヨークにも事務所を構えた。
 
[[1855年]]に兄ヘンリーが没すると残った兄弟が経営を引き継ぎ、[[南北戦争]]で[[アメリカ連合国|南部連合]]が敗戦した後は、[[アラバマ州]]の[[レコンストラクション|復興]]を資金面で支えた。間もなく本部をニューヨークに移す。[[1870年]]にはニューヨーク綿花取引所が開設され、リーマンもこれに協力、エマニュエルは同取引所の取締役を[[1884年]]まで務めた。この頃、リーマンは鉄道建設債券市場に参入し、現在の主力業務でもある金融アドバイザリーを開始した。
匿名利用者