「ドット絵」の版間の差分

 
==背景==
ドット絵は、主に黎明期から80[[1980年代]]にかけてのPC[[パソコン]]もしくはコンシューマー向け[[ゲーム機]]で、もっともよく用いられた表現形態である。
 
当時は、ハードウェアにおける画面の[[解像度]]や[[記憶装置|メモリ]]容量、[[CPU]]速度などの制約、およびそれを受けた[[ソフトウェア]]的な制約から、[[ベクトル]]画像や大規模なビットマップ画像を使用できなかったため、やむなく限られた解像度・色数などでグラフィックを表現する必要性があった。その中で、いかに美しさや視認性の良さを追求するかが、当時のグラフィック作成における肝であった。
 
特に、移動するオブジェクトについては[[スプライト]]という小さな画像単位で扱う必要があり、したがって、ゲームのキャラクターなどは総じてこのスプライト内に収めるために、何らかのデフォルメを施されて表現されることとなった。また、キャラクターのデザインにおいて、ドット絵で表現されることを前提とした特徴を備えさせることも珍しくない。[[マリオ (ゲームキャラクター)|マリオ]]の口ひげが、最たる例である。
18,654

回編集