「ビデオCD」の版間の差分

 
== 規格 ==
ビデオCDに収録される形式は標準化されている。映像の解像度は[[NTSC]]では352×240[[ピクセル]]、[[PAL]]では352×288ピクセルとなっており、通常の[[テレビ受像機|テレビ]]画面と比較した場合、約4分の1の画素数である。再生の際に少ない[[画素]]を演算処理で[[映像のコンバート#アップコンバート|補完]]する事により、テレビ画面では[[NTSC]]の場合では720×480ピクセル、[[PAL]]では720×576ピクセルで出力される。また、[[SECAM]]でも画素が補完される。映像の圧縮形式は[[MPEG-1]]で、1秒当たり1150kbit(キロ[[ビット]])、オーディオの圧縮形式は[[MPEG-1]] Layer 2で、1秒当たり224kbitが割り当てられている。
 
ビデオCDではシステムストリームがCD-ROMフォーマットに準拠して記録されるが、セクタ長が2048byteであるモード1ではなく、誤り訂正能力が落ちる反面ビットレートや容量を大きく確保できるモード2フォーム1(CD-ROM XAフォーマット)が採用されており、[[ビット毎秒|ビットレート]]はオーディオCDとほぼ等しい。そのため、容量が650MB([[メガバイト]])のコンパクトディスクにはオーディオCDと同じ長さである74分の映像が収録できる計算となる。通常のデータ書き込み([[ISO 9660]]形式)に比べて約100MB余分に書き込めるため、CD-R全盛時代に重宝された
 
Version 2.0では簡易メニュー機能(プレイバックコントロール)を持たせ、高精細な静止画の再生もできるようになっている。
62

回編集