「ビデオCD」の版間の差分

仕様策定の背景を追記
(仕様策定の背景を追記)
'''ビデオCD'''('''VCD''')は、[[CD-ROM]]に動画や音声などを記録し、対応機器で再生するための規格であり、DVDがまだ登場していない1993年に、カラオケ業界や映画販売業界などからの動画をCDに記録したいという需要に答えため、ビクターやソニーなどによって策定された
 
ビデオCDの映像は「[[VHS]](ノーマルVHS)の3倍モードと同程度の画質」とされるが、VHSの[[アナログ]]形式と異なり[[デジタル]]形式で格納されているため、画像の劣化がVHSよりも極端に少ない、という特徴を持つ。特に、[[ジッター]]と呼ばれる映像の横揺れはほとんどなく、アナログビデオ特有の色むらなども少ない。プレーヤーとテレビを[[S端子]]や[[D端子]]などで接続すれば、スッキリとした映像で再生可能という特徴があるが、[[ビット毎秒|ビットレート]]が低いため、映像によっては、[[ブロックノイズ]]が多発する場合もある。
62

回編集