「シルヴァン・カンブルラン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''シルヴァン・カンブルラン'''(Sylvain Cambreling, [[1948年]][[7月2日]] - )は、[[フランス]]の指揮者。
 
[[アミアン]]の生まれ。[[パリ国立高等音楽・舞踊学校|パリ音楽院]]で[[トロンボーン]]を専攻し、当初はトロンボーン奏者として[[リヨン国立管弦楽団]]などで活動する。[[1975年]]に同楽団で指揮者としてデビューし、[[ブザンソン国際音楽祭|ブザンソン指揮者コンクール]]で第1位。[[1980年代]]に[[ベルギー王立歌劇場]]の音楽総監督に就任し、総裁の[[ジェラール・モルティエ]]と共に様々な演出家を起用してオペラの上演を行った。[[アンサンブル・アンテルコンタンポラン]]にもたびたび客演し、[[現代音楽]]も得意としている。その後[[フランクフルト歌劇場]]の音楽総監督を務めたが、財政難(自己資金まで使ってポスターを作って貼った)で辞任。現在は[[バーデンバーデン・フライブルクSWR交響楽団]](旧南西ドイツ放送交響楽団)の首席指揮者で、[[ドナウエッシンゲン]]などで現代音楽を頻繁に取り上げる一方、モルティエに呼ばれて[[ルール・トリエンナーレ]]や[[オペラ・バスティーユ]]にもたびたび客演している。
 
2010年4月から読売日本交響楽団の常任指揮者に就任予定である。