メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''HE-AAC'''('''High-Efficiency Advanced Audio Coding''')は、オーディオの圧縮符号化の国際標準化方式であるMPEG-4 [[AAC]]の拡張仕様であり、[[MPEG-4]] Audio (ISO/IEC 14496-3)においてAACバージョン3として標準化された。
 
== 概要 ==
HE-AACでは、Coding Technologiesが[[mp3PRO]]で採用している[[w:en:Spectral band replication|Spectral Band Replication]]([[SBR]])技術をAACに組み込むことにより、再生帯域を拡大して主に低ビットレートでの[[圧縮効率]]を大幅に向上させている。このため、れによりHE-AACは、'''MPEG-4 AAC Plus SBR'''や、Coding Technologiesの登録商標である'''aacPlus'''などの名称でも呼ばれている。
 
最新の[[SonicStage]]や[[Winamp]]等で無料でエンコードが可能である。また『[[着うたフル]]』に使用されている[[コーデック]]としても有名
また[[着うたフル]]に使用されている[[コーデック]]としても有名。
 
== 技術 ==
HE-AACでは、そのレートより若干低いAAC音声データにSBRと呼ばれる部分を追加して記録している。 具体的にはエンコードするときに行程、まずはじめに高周波数部分において、圧縮後のサンプリングレートで無くなってしまう失われる周波数以上を抜き出す。このとき、エンコード部分に収まる部分との関連性を調べ、SBR部分の情報として圧縮する。その後、低サンプリングレートで通常通りAACとして圧縮を行う。 そして、この二つのデータをセットにして記録する。 デコードする時にはまず、AACをデコードした上で、SBRを使い高音域を予測して生成したデータを合成し、再生を行う。
 
== 互換性 ==
 
== 音質 ==
高音域と中低音を分離したおかげで結果、「48kbps程度のレートでCDの音質を実現しているとされるが、高音域と中低音域を分離している関係上、一方では「それ以上ビットレートを上げても大して音質が向上しない」性質も併せ持つ
 
また、高音域の成分が複雑に入っている音は高音域のノイズが目立ちにくいが、高音域の成分がある程度単調な音ではノイズが乗っているように聞こえることがある(これはSBRの特徴であり、ビットレートを上げてもそれほど改善しない)
(これはSBRの特徴であり、ビットレートを上げてもそれほど改善しない)
 
したがって、再生帯域の幅が狭い[[J-POP]]や[[演歌]]を含む[[歌謡曲]]、[[ハードロック]]、[[トランス (音楽)|トランス]]などに向いているが、一方で再生帯域の幅が広い[[ジャズ]]や[[クラシック音楽|クラシック]]などには不向きである。
 
== 種類 ==
HE-AACにもいくつかの種類が存在する。しかし、1バイトを除いてほぼ同一であるので、機能に差はない
しかし、1バイトを除いてほぼ同一であるので、機能に差はない。
 
ただし、下位互換であるAAC形式のコンテナには[[iTunes]]などで使用される[[拡張子]]がM4Aのものと、[[Winamp]]などで使用される拡張子がAACのもの(特にAACPlusと呼ばれる)に互換性がないため注意が必要である。
1,799

回編集