「ゴシック体」の版間の差分

m
m (→‎歴史: lk)
 
== 歴史 ==
タイポグラフィとしての和文ゴシック体は、欧文サンセリフ体の影響によって出現したものと言って良いが、その完全な模倣であり[[漢字]]・[[仮名 (文字)|仮名]]の文化における背景の無いところから出現したとするのには無理がある。おそらくは、縦画と横画の均一なその形態は[[隷書体]]の流れを汲むものと考えられる。むろん隷書体は筆文字であるのでその起筆部・終筆部の形状は角が立ったものではなく、その変貌こそがサンセリフの設計概念を取り入れた和文ゴシック体の誕生と言えよう。
 
たいていの印刷物において、本文が[[明朝体]]で組まれ、その中で見出し部分や、強調したいところにゴシック体が使われた。それには、縦画と横画の差が大きく、欧文のローマン体にも擬せられる明朝活字が本文用書体として可読性にすぐれていた一方、[[インキ]]のつく面が広く視覚的訴求性の高いゴシック体の特性があった。
28,237

回編集