「火災報知機」の版間の差分

編集の要約なし
'''火災報知機'''(かさいほうちき)は感知器によって[[火災]]を感知若しくは火災を発見した人間が発信機を操作することで[[警報]]を発したり、[[消防機関]]に通報する機器の総称である。[[自動火災報知設備]]や[[住宅用火災警報器]]、[[#消防機関に通報する火災報知設備]]がこれに含まれる。なお、一般に火災報知'''器'''と表記されることがあるが、消防法規および業界団体では火災報知'''機'''と表記している。
 
 
[[Image:Photoelectric spot type smoke detector.JPG|thumb|200px]]
[[Image:Proprietary-type fire alarm manual call point.JPG|thumb|right|200px]]
 
==消防機関に通報する火災報知設備==
街頭に発信機(M型発信機)を設け、火災の発生を押しボタンで押す事で消防機関へ知らせる装置である。また、建物内に引き込む事もできたようである。ゼンマイ仕掛けで発信機固有のパルス信号を発する事で受信機を備えた消防機関ではその位置も把握できた。専用の通信回線の架設が必要である事や、消防機関は作動した事とその場所しか覚知できず、電話の[[電話]]の普及やいたずらの多発などで、1974年までに廃止されたが、現在でも法規上でのみ存在する。
[[Image:Magnuson_Fire_Alarm.jpg|thumb|200px|米国にて用いられた発信機]]
 
===火災通報装置===
匿名利用者