「餃子」の版間の差分

Undo revision 21961473 by 219.182.216.133 (会話)ヘッダの深さがおかしい
編集の要約なし
(Undo revision 21961473 by 219.182.216.133 (会話)ヘッダの深さがおかしい)
'''餃子'''(ギョウザ、ギョーザ)とは[[小麦粉]]に水を加えて薄くのばしてつくった皮で[[肉]]や[[エビ]]などで作った具を包み、茹でたり焼いたり蒸したりした食べ物である。
 
=== 歴史 ===
歴史は古く、中国の[[春秋時代]]([[紀元前6世紀]]頃)の遺跡からはすでに食べられていた痕跡が見つかっている。[[敦煌市|敦煌]]の[[唐]]代の[[墓|墳墓]]では、副葬品として壺に入った餃子が乾燥状態で発見されている。
 
餃子は[[中華人民共和国|中国]]の[[華北]]の料理で、[[北京語]]の発音では「ジャオズ([[ピン音]]:{{lang|zh|jiǎozi}})」といい、[[中国東北部]]で特によく食べられる。それとは別に華南で発達した[[点心]]として食べられる蒸し餃子がある。
 
=== 名称の由来 ===
日本語での発音として一般的な「ギョーザ」という呼び方は、[[山東省|山東]]方言の発音「ギァオヅ(giaozi)」に由来しているという説のほか、[[満州語]]に由来するという説がある。山東方言説は[[煙台]]周辺で[[歯茎硬口蓋音]]のj({{IPA|tɕ}})が[[軟口蓋音]]のg({{IPA|k}})に近く発音されることによると思われるが、[[煙台]]周辺では「{{lang|zh|古飵}}(グージャ、guja)」という言い方のほうが普通であり、「餃子」の発音も「ギャオダ(giaoda)」や「ギャオラ(giaora)」なので正しくなさそうである。主要都市の[[方言]]では[[安徽省]][[合肥]]で「ジオザ」と発音しているのが比較的近い。
 
=== 日本での餃子 ===
[[日本]]で食べられる餃子は戦後[[満州]]を経由して流入してきたものであり、薄目の皮を使い焼いて食べる焼き餃子が主流である。具に[[ニラ]]や[[ニンニク]]を用い、また[[白菜]]の代わりに[[キャベツ]]を用いることがある。大衆的な日本人向けの[[中華料理]]店や[[ラーメン]]店などのメニュー、家庭の手軽な[[惣菜]]として定着している。日本で初めて餃子を食べた人物は[[徳川光圀]]とされており、亡命していた[[朱舜水]]から教わったという。
 
焼き餃子として日本で初めて販売を始めたのは株式会社[[紀文食品]]。
 
==== 日本と中国の餃子違い ====
日本では餃子にはニンニクが入っているが、中国の餃子にはニンニクを使用していない。
 
=== 中国での餃子 ===
[[Image:MakingJiaozi.jpg|200px|right|thumb|具を皮で包む(台湾)]]
中国の華北で食べられる餃子は主食を兼ねたものが多く、皮は厚めにして湯に入れて茹でる食べ方の水餃子が主流であり、焼き餃子はあまり食べられない。もともと焼き餃子は残り物の餃子を焼いて食べるものであって、鍋貼(グオティエ、{{lang|zh|guōtiē}})と呼ばれあまり上品な食べ物とは思われていない。専門店ではほぼ水餃子一択だが屋台などでは水を使わないことからメニューに採用されるところも多い。焼き餃子(鍋貼)はむしろ華南で点心の一種として出されることが多い。屋台では扱いやすさから焼き餃子を出すところも多い。
餃子はその発音が交子(子を授かる)と同じであることや、[[清]]代の銀子の形に似ていることにより縁起の良い食べ物としても珍重される。また「交」には「続く、末永し」という意味もあり、[[春節]]には長寿を願い食される。また皇帝も王朝と社稷の永続を祈願し春節のときだけ餃子を食したという。
 
===== 中国での餃子の具 =====
中国では豚肉、白菜、ニラなどを使った一般的なものの他に下記の様な具のものがある。
* [[牛肉]]
* [[豆腐]]
 
=== 韓国での餃子 ===
[[大韓民国|韓国]]では[[マンドゥ (料理)|マンドゥ]](饅頭)と呼ばれる。
中国式餃子に近く、具には[[豚肉]]、[[ニラ]]、[[ダイコン]]、[[キムチ]]、[[春雨 (料理)|春雨]]などが使われる。
また、日本式餃子の日本への輸出も多い。
 
=== 餃子の種類 ===
[[画像:yakigyoza.jpg|thumb|220px|焼き餃子]]
[[画像:Potstickers RTE.jpg|thumb|220px|揚げ餃子]]
: [[金魚]]、[[ウサギ]]、[[白菜]]などの形を餃子で作ったものや、[[三角形]]や花のような形に包んだ餃子。形や皮に付けられた色を保つために蒸して加熱する場合が多い。
 
=== 関連する料理 ===
; 棒餃子
: 近年、日本では春巻きに似た形で鉄板焼きにしたものを棒餃子(ぼうギョウザ)または焼き棒餃子(やきぼうギョウザ)と称して出す店が増えている。しかし中国では餃子とは呼ばず、「{{lang|zh|褡褳火燒}}(ダーリェンフオシャオ、{{lang|zh|dālián huǒshāo}})」と呼ばれている。着物の袖口に似ている焼き物という意味の名で、[[北京市|北京]]の下町のスナックでありレストランで食べられることは少なかったが、近年は出す店も現れている。
* [[焼売]]、[[春巻き]]、[[ワンタン]]、[[中華まん|中華饅頭]]、[[小籠包]]
 
=== 餃子の有名な街 ===
[[画像:宇都宮餃子像.jpg|thumb|300px|right|餃子像(JR宇都宮駅東口広場)]]
餃子で知られる街には[[宇都宮市]]、[[浜松市]]、[[神戸市]]、[[福島市]]、[[静岡市]]などがあり、特に宇都宮市、浜松市等が有名である。
 
==== 宇都宮市 ====
宇都宮市の餃子の始まりは補充担任を[[宇都宮師管区]]とする陸軍[[第14師団_(日本軍)|第14師団]]が、[[1940年]](昭和15年)8月以降、[[衛戍地]]を満州としたことから宇都宮出身の将兵が帰国に際して本場の餃子の製法を持ち込んだのが始まりといわれる。市内には餃子専門店と餃子を扱う料理店が合わせて約200軒あり、一般的な販売価格は1人前150 - 200円程度と低廉で学生がおやつ代わりに食べることが出来る価格帯である。タレは酢だけで食するのが宇都宮スタイルといわれることもあるが、水餃子・揚餃子・焼餃子・スープ餃子など、店舗によりさまざまなスタイルの食べ方が存在する。
 
秋には宇都宮餃子会を中心とする市民手作りのイベント「宇都宮餃子祭り」が定例化している。協賛餃子店(みんみんやシンフー、青源など)が市街で屋台を開き、1人前1皿100円の餃子が振る舞われ、また宇都宮はジャズの町でもあることから街角の特設会場では同日にジャズ演奏が行われ、その中で一般市民や観光客が餃子を食す。「宇都宮餃子祭り」は毎年10月下旬 - 11月初旬の土日に行われている。
 
==== 浜松市 ====
浜松市は餃子専門店が約80軒あり、餃子を取り扱う飲食店数を含めると約300軒に上る。キャベツをたっぷりと使った甘味が特色で、[[モヤシ]]を必ず添える独特のスタイルを持つ。これは家庭用のフライパンで丸く並べて焼くためにできた中央の空間に、店のサービスで茹でたモヤシを添えた事が始まりである<ref>[http://www.at-s.com/html/gourmet/special/gyoza/index.html ご当地グルメ 浜松餃子]</ref>。また、タレにこだわった店が多い。一般には、1955年頃に、満州などで餃子の製法を会得した[[復員兵]]が、餃子を出す屋台を[[浜松駅]]周辺で始めたことが、浜松における餃子の発祥と考えられている<ref>[http://www.hamamatsugyouza.com/ 浜松餃子学会]</ref>。
 
==== 神戸市 ====
神戸市ではメニューが餃子と飲み物だけという専門店も多く存在する。市内の餃子店は[[南京町 (神戸)|南京町]]を中心に水餃子が多く見られ、[[JR]]神戸線沿いには焼き餃子の店が多く見られるという傾向がある。また、神戸の焼き餃子の特色として[[味噌]]ダレをつけて食べることが挙げられるが、近年では通常の醤油ダレの方がメインとして扱われていることが多い。味噌ダレを醤油ダレと混ぜ合わせて第三のタレとする人もまれに見受けられる。
 
==== 福島市 ====
福島市では餃子専門店を中心に「ふくしま餃子の会」が結成され、餃子の町としての観光PR活動を始めている。福島市内にある[[飯坂温泉]]では餃子専門店の無料招待券が付いている旅行会社のパック商品もある。客層が勤め帰りのサラリーマンであるため、営業時間が夕方からの店が多い。全てというわけではないが野菜が多い具を厚い皮で包み、円盤状に並べて焼き、それをそのまま皿の上に載せて出す餃子が多い。このようなタイプの餃子を出す専門店はにんにくを入れず、薬味として使う店が多い。
 
==== 八幡(北九州市) ====
福岡県[[北九州市]][[八幡東区]]は、かつて鉄の都として栄えた旧八幡市の中心地。その[[八幡製鐵所]]に勤務する労働者は肉体疲労がかなり激しく、ニンニクなどのスタミナ素材を好んで食べていたことから餃子文化が浸透。餃子専門店、ラーメン店など、八幡東区の20店舗以上で「[[八幡ぎょうざ]]」が食べられる。種類は鉄なべ餃子やひとくち餃子、にんにく入りスタミナ餃子、スープ餃子など多種多様。北部九州では餃子の薬味に「[[柚子胡椒]]」を使うこともある。現在、有志が集まり、八幡ぎょうさ協議会(八幡食ブランド実行委員会)を立ち上げており、商店街でイベントなども開催されている。
 
=== テーマパーク ===
餃子に関する[[テーマパーク]]も作られている。
* [http://www.teamnamja.com/ftp/ikebukuro_gyoza/index.html 池袋餃子スタジアム(ナンジャタウン)]([[2002年]]、宇都宮市と[[姉妹都市|餃子姉妹都市]]提携を締結)
* 宇都宮餃子共和国([[2005年]]、宇都宮市・[http://www.dainichicorp.co.jp/ 大日商事]が運営。[[2006年]]閉店)
 
=== 餃子に関係する事件 ===
{{Wikinewscat|中国製餃子中毒事件|中国製冷凍餃子中毒事件}}
日本では、[[加工食品]]としての餃子において下記のような事件が発生した。
* [[2008年]] 中国製冷凍餃子中毒事件 - [[中国]]で生産され、日本へ輸出された[[冷凍食品]]の餃子に高濃度の[[農薬]]が混入しており、それを食べた多数の人が薬物中毒を起こした事件。→詳細は[[中国産食品の安全性#中国製冷凍餃子中毒事件|中国製冷凍食品による農薬中毒事件]]を参照。
 
=== 脚注 ===
<div class="references-small"><references/></div>