「ガリア人」の版間の差分

cl
(ガリアの部族一覧の方と内容が重複している)
(cl)
'''ガリア人'''(<small>[[ラテン語]]:</small>{{lang-la|Gall&#299;}} ガッリー/<small>[[フランス語]]</small>:Gaulois ゴーロワ)は、[[ケルト語派]]を話すいわゆる[[ケルト人]]のうち、[[ガリア]]地域に居住して[[ガリア語]]あるいは[[ゴール語]]を話した諸[[部族]]の人々を指す。[[古代ローマ]]人は、ローマ側による呼称「ガリア人(Gall&#299;)」と「ケルト人(Celtae)」をおおむね同義として扱った。しかし、いわゆる「ケルト人」の中でも、[[アナトリア半島|小アジア]]に移住したケルト人「[[ガラティア]]人」や[[ブリテン島]]の諸部族に対してガリア人は明らかに区別することができよう
 
古代ローマ人は、ローマ側による呼称「ガリア人」 (Gall&#299;)と「ケルト人」 (Celtae) をおおむね同義として扱った。しかし、いわゆるケルト人の中でも、[[アナトリア半島|小アジア]]に移住したケルト人([[ガラティア]]人)や[[ブリテン島]]の諸部族に対してガリア人は明らかに区別することができよう。
==古代ローマとの確執==
ガリア諸部族(ガリア人)は、長い期間にわたって互いに反目しあい、統一されることはなかった。[[紀元前58年]]に[[ヘルウェティー族]]の西進を契機として、[[共和政ローマ]]の武将[[ガイウス・ユリウス・カエサル]]がガリア制圧の[[侵略戦争]]である「[[ガリア戦争]]」を開始した。これに対する諸部族の反応は、応戦・帰服と変転したが、紀元前54~52年頃に[[アルウェルニ族]]の[[ウェルキンゲトリクス]]を[[盟主]]として一致団結して大反乱を起こした。一時はカエサルを絶体絶命の窮地に追い詰めたが、やがてしびれを切らした諸部族は反目しあって敗走を始め、カエサルに敗れ去った。
 
==歴史==
==ガロ=ローマンからフランスへ==
ガリア諸部族(ガリア人)は、長い期間にわたって互いに反目しあい、統一されることはなかった。[[紀元前58年]]に[[ヘルウェティー族]]の西進を契機として、[[共和政ローマ]]の武将[[ガイウス・ユリウス・カエサル]]がガリア制圧の[[侵略戦争]]である「を開始した([[ガリア戦争]]」を開始した。これに対する諸部族の反応は、応戦・帰服と変転したが、紀元前54~52年頃に[[アルウェルニ族]]の[[ウェルキンゲトリクス]]を[[盟主]]として一致団結して大反乱を起こした。そして一時はカエサルを絶体絶命の窮地に追い詰めたが、やがてしびれを切らした諸部族最終的に反目しあって敗走を始め、カエサルに敗れ去った。
[[ローマ帝国]]の支配に組み込まれたガリア諸部族はローマへの[[同化]]が進み([[ガロ・ローマ文化]])、やがて[[ゲルマン人]]とも混血が進んで、後の[[フランク王国]]・[[フランス]]を形成していった。
 
[[ローマ帝国]]の支配に組み込まれたガリア諸部族はローマへの[[同化]]が進み([[ガロ・ローマ文化]])、やがて[[ゲルマン人]]とも混血が進んで、後の[[フランク王国]]・[[フランス]]を形成していった。
現代のフランス人([[白人]])は、ガリア人を自分たちの[[ルーツ]]・[[祖先]]として意識している。このため、[[アフリカ系]]([[黒人]])・[[アラブ人|アラブ系]]の移民系フランス人に対して、フランス出身の白人を「ゴーロワ(Gaulois)」つまり「ガリア人」と呼び分けることがある。また現在でも[[ギリシア語]]ではフランスを「ガリア(Γαλλία)」という。
 
現代のフランス人([[白人]])は、ガリア人を自分たちの[[ルーツ]][[祖先]]として意識している。このため、[[アフリカ系]]([[黒人]])・[[アラブ人|アラブ系]]の移民系フランス人に対して、フランス出身の白人をゴーロワ(Gaulois)」 (Gaulois) 、つまりガリア人と呼び分けることがある。また現在でも[[ギリシア語]]ではフランスをガリア(Γαλλία)」 {{lang|el|Γαλλία}} いう呼ぶ
 
==著名なガリア人の人物==
 
==参考文献==
*カエサル 『[[ガリア戦記]]』カエサル著。日本語訳は、[[ 講談社〈講談社学術文庫]]と[[〉、あるいは岩波書店〈岩波文庫]]から刊行されている
*『[[言語学大辞典]] 第1巻』([[三省堂]])
*:ゴール語の項は、ガリア語ゴール語のちがい、ケルト諸語との関係に詳しい。
 
[[Category:ガリア人|*]]