「ミカエル6世ストラティオティコス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: en:Michael VI Stratiotikos)
編集の要約なし
1056年、先代の女帝テオドラに嗣子がなかったため、その遺言によってテオドラの養子であり、[[元老院]]議員でもあったミカエル6世が皇帝として即位した。ところが、即位したミカエル6世は文治を優遇して軍事を軽視する文治政治を採用したため、帝国軍人の反感を買い、即位の翌年には反乱を起こされてしまった。皇帝軍も懸命に抗戦したが、イサキオス・コムネノス(のちの皇帝[[イサキオス1世コムネノス]])率いる反乱軍に敗北を喫し、イサキオスの軍勢が[[コンスタンティノポリス]]に迫るとミカエル6世はイサキオスに皇位を譲って退位し、1059年に病死した。
 
 
<center>
{{先代次代|[[東ローマ帝国の皇帝一覧#マケドニア朝|東ローマ皇帝]]|1056年 - 1057年|[[テオドラ (東ローマ女帝)|テオドラ]]|[[イサキオス1世コムネノス]]}}
<table border=1 cellspacing="0" cellpadding="3">
<tr style="background-color:#CCCCCC">
<th colspan="3">[[東ローマ帝国]]</th>
</tr>
<tr>
<td width = 30% align = center>
先代<br>[[テオドラ (東ローマ女帝)|テオドラ]]
<td width = 40% align = center>
[[ローマ皇帝一覧]]
<td width = 30% align = center>
次代<BR>[[イサキオス1世コムネノス]]
</td>
</table>
</center>
 
[[Category:東ローマ皇帝|みかえる6]]