「デオキシリボース」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
| 出典=
}}
'''デオキシリボース''' (deoxyribose) または'''<small>D</small>-デオキシリボース'''、'''2-デオキシリボース'''は、[[アルドース]]、[[ペントース]]及び[[デオキシ糖]]の一つで[[アルデヒド基]]を含む[[単糖]]である。[[リボース]]の2位の[[ヒドロキシル基]]が[[水素]]に置換され、元より[[酸素]][[原子]]が1つ減少した構造をしている。[[1929年デオキシリボ核酸]]に[[フィーバス・レヴィーン]]によって発見された(DNA)の構成成分<br>
[[1929年]]に[[フィーバス・レヴィーン]]によって発見された。
 
五員環構造は特に'''デオキシリボフラノース'''(Deoxyribofuranose)と呼ばれる。
 
匿名利用者