「コウゾ」の版間の差分

 
楮の皮の繊維を蒸して水にさらし、細かく割いて作った糸を[[木綿 (糸)|木綿]](ゆう)と言う。同じ字の木綿(もめん。[[ワタ]]の繊維)とは別のものである。[[神道]]の祭事に用いられるが、後に紙で作られた[[紙垂]]も用いられるようになった。
 
コウゾの果実は集合果で、甘味があって食べられるが、花糸部分が残っており舌触りが悪いので、[[クワ]]の実のような果樹としての価値はない。
 
== 耐用年数 ==
匿名利用者