「柱」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: ru:Колонна (архитектура))
{{Otheruses}}
[[画像:Horyu-ji entasis2048b.jpg|thumb|220px|エンタシスの柱([[法隆寺]])]]
[[Image:Central pillar of a Japanese house,daikoku-bashira,katori-city,japan.JPG|thumb|right|150px|江戸時代の民家の大黒柱]]
'''柱'''(はしら)は古来には[[木]]或は[[石材]]を[[垂直]]に立てて[[建築物]]の[[支え]]としたもの。[[近世]]以降は[[鋼材]]や[[コンクリート]]製のものも用いられるようになった。木材の柱は木口106mm四方のものが一般的である
 
材料は、古来は[[木材]]、[[石材]]、[[竹]]材などが使われ、[[近世]]以降は[[鋼材]]、[[コンクリート]]、[[鉄筋コンクリート]]製のものも現れた。
用途、場所、役割によって呼び名が異なる。床の間に使う装飾的な柱を'''床柱'''、門を支えるものを'''門柱'''、塀を支える柱を'''控柱'''、また、大壁を真壁に見せかけるための'''付け柱'''などとそれぞれに名称が付けられている。特に、家の中心となるような太い柱は、'''大黒柱'''(だいこくばしら)と呼ばれる。この由来は、昔の日本家屋の多くは地震対策の為に台所付近に太い柱が立ったため、厨房の神様である[[大黒天]]になぞらえて、家を支える柱=大黒柱となったことによるといわれている。
 
柱は建築物の構成要素となるほか、[[電柱]]や[[御柱]]など、それ自身が構築物(内部空間がないので建築物ではない)となっていることもある。
''社会や組織において建築物における柱と同じ役割を果たすもの''の[[例え]]([[暗喩]])にもよく用いられる。
 
用途、場所、役割によって呼び名が異なる。床の間に使う装飾的な柱を'''床柱'''、門を支えるものを'''門柱'''、塀を支える柱を'''控柱'''、また、大壁を真壁に見せかけるための'''付け柱'''などとそれぞれに名称が付けられている。特に、家の中心となるような太い柱は、'''大黒柱'''(だいこくばしら)と呼ばれる。この由来は、昔の日本家屋の多くは地震対策の為に台所付近に太い柱が立ったため、厨房の神様である[[大黒天]]になぞらえて、家を支える柱=大黒柱となったことによるといわれている。
 
==比喩==
*'''貝柱'''(かいばしら)は、二枚貝の両方の皿をつなぎ合わせている組織。ホタテのものなどは珍味として知られる。
''社会や組織において建築物における柱と同じ役割を果たすもの''の[[例え]]([[暗喩]])にもよく用いられる。
----
'''柱''' (はしら) は、[[日本]]での[[神道]]における[[神]]を数える時の[[単位]]。
神道では神木に神が宿るとされることも多く、そこから転じて単位ともなった。日本では[[異教]]の神や[[悪魔]]に対しても用いられることも多い。
----
'''柱''' (じ/じゅう/ちゅう) - [[箏]]の弦を支えるもの。弦の振動を響板に伝え、左右に移動させ音高を調節し調弦する。他の弦楽器では[[駒 (弦楽器)|駒]]と呼ぶ。また[[琵琶]]の[[フレット]]のこと。琴柱。
 
==関連項目==
*[[屋根]]
*[[壁]]
*[[柱体]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:建築構造|はしら]]}}
[[Category:建築構造]]
{{Architecture-stub}}
 
313

回編集