「良遍 (法相宗)」の版間の差分

編集の要約なし
m (bot:WP:STYWP:LS)
|著作=『観心覚夢鈔』<br />『法相二巻抄』
}}
'''良遍'''(りょうへん、[[建久]]5年([[1194年]]) - [[建長]]4年[[8月28日 (旧暦)|8月28日]]([[1252年]][[10月3日]]))は、[[鎌倉時代]]前期の[[法相宗]]の[[僧]]。俗姓は[[藤原氏]]。字は蓮阿。三位已講・生駒僧都とも称される。
 
奈良[[興福寺]]で法相教学を学び、法印・権大僧都に任じられた。[[覚盛]]から戒を受け、[[戒律]]の復興に尽力した。生駒竹林寺の住持となり、[[東大寺]]知足院を復興している。
 
{{buddhism-stub}}
{{People-stub}}
 
[[Category{{DEFAULTSORT:日本の僧|りようへん]]}}
[[Category:戒律|りようへん日本の僧]]
[[Category:鎌倉時代の人物|りようへん戒律]]
[[Category:1194年生|りようへん藤原氏]]
[[Category:1252年没|りようへん鎌倉時代の人物]]
[[Category:1194年生]]
[[Category:1252年没]]
匿名利用者