「エンヴェル・ホッジャ」の版間の差分

編集の要約なし
m (+pt:)
'''エンヴェル・ホッジャ'''('''Enver Hoxha''', [[1908年]][[10月16日]] - [[1985年]][[4月11日]])は[[アルバニア]]の[[政治家]]、[[社会主義]]者。[[アルバニア労働党]]第一書記、[[1944年]]から[[1954年]]まで同国の首相を務めた。
 
1908年10月16日、アルバニアの[[ギノカステル]]に[[イスラム教徒]]の地主の家に生まれる。[[1930年]][[フランス]]の[[モンペリエ大学]]に入学する。しかし、政治への関心を強く持つようになり、学問を捨てて1年ほどで退学、[[フランス共産党]]に入党。同党の機関紙『ユマニテ』紙にアルバニア王国政府批判の論文を掲載する。その後、ベルギーに移り、[[1936年]]アルバニアに帰国。[[中学校]]の教師となる。[[1939年]]に[[第二次世界大戦]]が勃発し、アルバニアが[[イタリア]]と[[ナチスドイツ]]に占領されると[[1941年]]アルバニア共産党(後のアルバニア労働党)を結成し、[[レジスタンス]]を展開した。<br>
戦後の[[1946年]]アルバニア人民共和国樹立を宣言。最高指導者となる。独自の[[スターリン]]主義的路線に基づく社会主義国家建設を目指した。[[1948年]][[ユーゴスラビア]]と国交を断絶。スターリンの死後、[[フルシチョフ]]がソ連の最高指導者となるとソ連とも外交関係を絶ち、[[中国]]に接近するが、[[毛沢東]]後の中国がアメリカに接近するに及んで、[[1977年]]から中国を批判し、中国からの援助は途絶えた。
 
匿名利用者