「P2」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{Otheruses}}
'''P2'''(ピーツー)とは[[松下電器産業パナソニック]]が推進する[[フラッシュメモリ|半導体メモリー]]を利用したプロ市場向け[[ビデオ]]用[[電子媒体|記憶媒体]]である。松下が販売する[[SDメモリーカード]]を[[PCカード]]形のケースに4枚内蔵させた構成で[[DVCPRO]]フォーマットシリーズと[[DV]]のデータに対応し、P2対応ビデオカメラ、[[ノンリニア編集]]機を使うことで[[デジタイズ]]という煩わしさを解消している。
 
P2カードは現在、8GB、16GB、32GBがあるがDVCPRO25で記録した場合、それぞれ最大32分、62分、128分になるがDVCPRO HDになると僅か8分、16分、32分となってしまい現段階ではHD用には有効ではない。また、1枚あたりの価格もテープに比べ遥かに高いのでメーカーでも撮影現場などで一杯になってしまったP2カードのデータを転送する為のポータブルHDDを販売してる。現在の価格は16GBで約10万円とされる。
 
P2用ビデオカメラ、ビデオデッキに関して松下パナソニックが製作販売しているもののノンリニア編集機は、[[カノープス_(企業)|カノープス]]や[[アップル インコーポレイテッド|アップルコンピュータ]]、[[Avid|アビッド]]など外部メーカーに託している。
 
「P2-HD」が、[[2008年]]に開催された[[北京オリンピック]]の公式放送機器に採用された。<ref>[http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn060424-2/jn060424-2.html 「P2-HD」シリーズが北京オリンピックの公式放送機器に採用] 松下電器産業、2006年4月24日。</ref>。
[[Category:ビデオ]]
[[Category:電子媒体]]
[[Category:松下パナソニックグループ|ひいつ]]
9,722

回編集