「ウーファ (映画会社)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ru:UFA)
'''ウーファー'''(UFA)(UFA)は、1917年から1945年の間、[[ヴァイマル共和政]]下と[[第二次世界大戦]]中にかけてドイツにあった映画会社。正式名称は"Universum Film AG"。
 
ウーファーは1917年、[[第一次世界大戦]]のための[[プロパガンダ]]映画や公共映画を制作する制作会社として政府により[[ベルリン]]に設立された。
 
1921年に民営化され、毎年600本もの作品を送り出す、ドイツ映画界を代表する制作会社となり、その作品は国際的にも高い評価を得るようになって行く。ウーファーで活躍した映画監督には『[[ドクトル・マブゼ]]』(1922)や『[[メトロポリス (1927年の映画)|メトロポリス]]』(1926)の[[フリッツ・ラング]]、『吸血鬼ノスフェラトウ』(1921)『[[最後の人]]』(1925)の[[F・W・ムルナウ]]、『嘆きの天使』(1930)の[[ジョセフ・フォン・スタンバーグ]]、『南の誘惑』(1937)の[[ダグラス・サーク]]などがいる。
 
俳優では、[[エミール・ヤニングス]]、[[コンラッド・ファイト]]、[[マレーネ・ディートリッヒ]]、[[ウェルナー・クラウス]]、[[グレタ・ガルボ]]、[[リリアン・ハーヴェー]]、ウィリー・フェリッチェ、ハンス・アルバース、ツァラ・レンダ―、ヤン・キプーラ、マルタ・エッガートなどが[[サイレント映画|サイレント]]から[[トーキー]]初期にかけて活躍した。
 
実験的な作品や過激な作品も制作する一方、ドイツ映画特有のジャンルである[[山岳映画]]も製作。『モンブランの嵐』(1931)(1931)の[[アーノルド・ファンク]]をはじめ、[[ハンネス・シュナイダー]]や[[レニ・リーフェンシュタール]]なども出演した。
 
1920年代後半には財政難に陥り、1927年に実業家の[[アルフレート・フーゲンベルク]]によって買収された。フーゲンベルクは後に右翼の[[ドイツ国家人民党]]党首となり、1933年に[[アドルフ・ヒトラー|ヒトラー]]が政権を取ると、ヒトラー内閣の経済相・農相となった。このような経緯によって、ウーファーはナチのプロパガンダ映画も製作するようになる。さらに1937年にはナチ党がウーファーの株を72%取得、宣伝大臣[[ヨーゼフ・ゲッベルス]]は、映画の力を重要視しウーファーの人事権や経営権に介入、1942年には完全に国有化になる。この間に[[フリッツ・ラング]]や[[エルンスト・ルビッチ]]、[[ビリー・ワイルダー]]やマレーネ・デイートリッヒなどのユダヤ系、反ナチス系映画関係者が海外に亡命する。
 
一方ではトーキー作品も多く作られ、『西部戦線1918年』(1930)(1930)、『[[M (1931年の映画)|M]]』(1931)『制服の処女』(1931)などの劇映画。(1931)前述の『[[嘆きの天使]]』(1930)『ガソリンボーイ三人組』(1930)『狂乱のモンテカルロ』(1931)『[[会議は躍る]]』(1931)・(1931)、『[[三文オペラ]]』(1931)(1931)『ワルツ合戦』(1933)(1933)などのシネオペレッタと呼ばれる音楽映画が相次いで製作され、レベルの高い作品と楽しい主題歌は世界中でヒットした。
 
ナチス政権下では、『突撃隊員ブラント』『ヒトラー少年クヴェックス』『ユダヤ人ジュース』などの醜悪なプロパガンダ映画がつくられる一方、『[[誓いの休暇]]』『[[ほら男爵の冒険]]』などの良作も製作された。映画人も、エミール・ヤニングスやヴェルナー・クラウスなどのスターが残ったが、かつての高レベルの映画を作る勢いはなかった。大戦勃発後も映画活動は続けられ、[[1945年]]1月、ソ連軍の砲火が迫る中、ゲッベルスの肝いりで最後の大作『コルベルク』が製作されたが、最早国内は映画どころではなかった。5月1日のドイツ降伏の日とともに『コルベルク』の上映は禁止された。
 
第二次大戦後には[[ナチス・ドイツ]]との関連が要因で、活動を停止する。政治にまったく関係のない映画作品であっても、ウーファーの名前を削って再発するという事態にまでなる。東側にあったスタジオはDeutsche Film AGとして存続したがドイツ再統一後の1990年に倒産。西側でもウーファーを復興させようという動きがあったが、失敗に終わった。しかし1991年以来、テレビの制作会社として[[ベルテルスマン]]グループの傘下に入っている。
匿名利用者