「四元素」の版間の差分

編集の要約なし
'''四大元素'''(しだいげんそ、よんだいげんそ)は、[[元素#.E5.8F.A4.E4.BB.A3.E3.82.AE.E3.83.AA.E3.82.B7.E3.82.A2|四元素説]]における[[空気]]・[[火]]・[[土壌|土]]・[[水]]の4つの[[元素]]のこを指すかつて考えられた物質)である
: '''四元素説'''とは、「[[物質]]は、'''火'''、'''水'''、'''土'''、'''空気'''の四[[元素]]からなる」という説。「それらを結合させる『愛』と分離させる『争い』がある。それにより、集合離散をくりかえす。この4つの元素は新しく生まれることもなく、消滅することもない。」という考え方のこと。
 
: '''四元素説'''とは、「[[物質]]は、'''火'''、'''水'''、'''土'''、'''空気'''の四[[元素]]からなる」という説。「それらを結合させる『愛』と分離させる『争い』がある。それにより、集合離散をくりかえす。この4つの元素は新しく生まれることもなく、消滅することもない。」という考え方のこと。
[[タレス]]は万物の根源に[[アルケー]]という呼名を与え[[水]]であるとした。その他、[[空気]]であると考えた人、[[火]]であると考えた人、[[土]]だと考えた人がおり、それぞれがアルケーであるという立場を採った。[[エンペドクレス]]はアルケーが、火・空気([[風]]とも)・水・土([[地]]とも)の四つの[[リゾーマタ]]からなるとする後世にいう四元素説を唱えた。[[プラトン]]はこれに[[階層]]的な概念を導入し、土が[[正六面体]]でもっとも重く、他のリゾーマタは[[三角形]]からなる[[正多面体]]で、火が最も軽いリゾーマタであり、これら[[四大元素]]はそれぞれの重さに応じて運動し互いに入り混じると考えた。<ref>四大、『世界大百科事典』、CD-ROM版、平凡社</ref>のち[[アリストテレス]]がこの説を継承し、[[アラビア科学]]、[[パラケルスス]]と伝えられた。
 
[[タレス]]は万物の根源に[[アルケー]]という呼名を与え[[水]]であるとした。その他、[[空気]]であると考えた人、[[火]]であると考えた人、[[土]]だと考えた人がおり、それぞれがアルケーであるという立場を採った。[[エンペドクレス]]はアルケーが、火・空気([[風]]とも)・水・土([[地]]とも)の四つの[[リゾーマタ]]からなるとする後世にいう四元素説を唱えた。[[プラトン]]はこれに[[階層]]的な概念を導入し、土が[[正六面体]]でもっとも重く、他のリゾーマタは[[三角形]]からなる[[正多面体]]で、火が最も軽いリゾーマタであり、これら[[四大元素]]はそれぞれの重さに応じて運動し互いに入り混じると考えた。<ref>四大、『世界大百科事典』、CD-ROM版、平凡社</ref>のち[[アリストテレス]]がこの説を継承し、[[アラビア科学]]、[[パラケルスス]]と伝えられた。
 
四大元素は抽象概念あるいは総称であり現代の[[元素]]とは対応しない。強いてたとえるならば、空気は[[気体]]、水は[[液体]]、土は[[固体]]と対応づけられるがこれらは物質の状態変化で[[三態]]と呼ばれる。<!--<comment>空気、水、土は複数の物質のであるのに対し、火は化学変化であり物理的状態量のエネルギーと元素の概念とは直接は対応しないのではずす</commant>[[エネルギー]]または[[プラズマ]](火)-->火は現代では化学変化〈[[酸化]]反応〉であると判明している。普通にみられる低温の赤橙色の炎はそうではないが、高温の青白い炎や[[放電]]は[[プラズマ]]状態の物質であることから、古代の四大元素は現代風に解釈すると4つの物質の状態を表現しているともいえる。
四大元素は[[タロット]]の[[小アルカナ]]の4スートの棒(火)、剣(風)、杯(水)、硬貨(地)と関連付けて解釈されることもある。
 
[[バロック]]時代のフランスの作曲家[[ジャン=フェリー・ルベル]](レーベル)の[[バレエ音楽]]『四大元素』(Les({{lang|fr|Les éléments)éléments}})は、「[[カオス]](混沌)」を表現するために、[[教会旋法]]による[[トーン・クラスター]]という当時としては極めて実験的な作風を用いたことで知られる。
 
==出典==
* [[小アルカナ]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:元素|したいけんそ]]}}
[[Category:否定された仮説|したいけんそ元素]]
[[Category:否定された仮説]]
[[Category:名数4|けんそ]]
 
[[de:Vier-Elemente-Lehre]]
811

回編集