「音階」の版間の差分

m
<!-- ↑不確かです。どなたか直して頂けると有り難いです。[[利用者:Spirituelle|spirituelle]] 14:28 2003年10月12日 (UTC) -->
 
「音階」は[[西洋音楽]]の音楽理論用語Tonleiter, Skala([[ドイツ語]])gamma([[イタリア語]])gamme([[フランス語]])scale([[英語]])などの訳語として明治期に[[日本語]]に登場した。それまでの[[日本]]で使われていた音階に似た用語を探すと、[[雅楽]]や[[声明]](しょうみょう;[[仏教]]の[[声楽]])の[[世界]]において使われていた「[[五声]]・五音」「[[七声]]」「[[五音]]」「[[七音]]」「[[調]](西洋音楽で定義される『調』とは意味が違う)」などが挙げられる(更にこれらは中国音楽の音楽理論用語からきている)。したがって基本的には「音階」とは西洋音楽理論において定義されるそれ(音楽において使われる[[音]]を高さの順に並べたもの)である。
 
しかしながらアジア圏音階文化が西洋圏音階文化に出会い、逆に[[西洋]]音楽文化は非西洋の音楽文化と出会っている。例えばSkala や gamma と言う語に出会った事により「音階」の意味も広がっていった。アラブ古典音楽における音楽理論用語&#1605;&#1602;&#1575;&#1605;([[マカーム]]、[[アラビア語]])、インド古典音楽における音楽理論用語&#2352;&#2366;&#2327;&#2366;([[ラーガ]]、[[サンスクリット]])などを西洋音楽文化は「我々の音楽における『音階』のようなものだ」と考えた(ただし、研究者が主張するように詳しくマカームやラーガを見ていくと音階とそれらは[[教会]]と[[モスク]]と[[寺院]]くらい大きく違うらしいとう伝聞がある。
以下を参照
[[アヴェイラブル・ノート・スケール]]
 
 
== 様々な音階 ==
811

回編集