「マギ」の版間の差分

編集の要約なし
'''マギ'''([[ギリシア語]]形: 単 Μάγος、 [[ラテン語]]複数: 単 magus, 複 '''{{lang|la|magi'''}}は、本来、[[メディア王国]]で宗教儀礼をつかさどっていた[[ペルシア]]系祭司階級の呼称。[[アヴェスター語]]形マグ(magu, maγu)に由来する。英語での発音はマギではなく、メイジャイである。単数形magusの発音は、メイガス
 
単数形は'''マグス''' ({{lang|la|magus}})。[[アヴェスター語]]形'''マグ'''({{lang|ae|magu, maγu}})に由来し、[[ギリシャ語]]形の単数'''マゴス''' ({{lang|e|μάγος}})、複数'''マゴイ''' ({{lang|e|μάγοι}}) を経由しラテン語化した。英語では単数'''メイガス''' (magus)、複数'''メイジャイ''' (magi)、形容詞'''メイジャン''' (magian)。[[普通名詞]]なので[[小文字]]始まりだが、[[東方三博士]]の意味では[[固有名詞]]あつかいで[[大文字]]始まりである。
 
==本来のマギと意味の変遷==
[[ヘロドトス]]の『[[歴史]]』には、「マギには、死体を鳥や犬に食いちぎらせたり、
アリや蛇をはじめその他の爬虫類などを無差別に殺す特異な習慣があった」と記されている。これらの習慣は[[アヴェスター]]に記された宗教法と一致しており、彼らは[[ゾロアスター教]]と同系の信仰を持っていたと考えられる。
これらの習慣は[[アヴェスター]]に記された宗教法と一致しており、彼らは[[ゾロアスター教]]と同系の信仰を持っていたと考えられる。
 
[[アケメネス朝]]ペルシア史上では、王位簒奪者のマギであったガウマータを、[[ダレイオス1世]]が倒して王位に就いたとされている。
 
しかし、[[キリスト教]]世界では[[新約聖書]]、[[福音書]]の『[[マタイによる福音書]]』にあらわれる東方(ギリシア語anatole当時はペルシャのみならずエジプト北部などその範囲は広い)の三博士(三人の王とも訳される)を指して言う場合が多い。三人の王とも訳される。直訳すれば星見すなわち[[占星術]]師であるが、マタイ福音書の文脈では、[[天文学者]]と推測される。
 
やがて、マギという言葉は 人知を超える知恵や力を持つ存在を指す言葉となり、[[英語]]のmagus、magicなどの語源となった。
 
== 福音書伝える三博士の礼拝==
{{Jesus}}
{{See|東方三博士}}
『マタイによる福音書』(2:1-12)によれば、[[イエス・キリスト|イエス]]が生まれた時、東方にてマギ(博士たち)が大きな星を見、その星に導かれて[[エルサレム]]まで赴き、新しい王が誕生したのはどこかと[[ヘロデ大王]]に尋ねる。ヘロデは動揺しながらも側近に尋ね、側近は聖書の記述からそれはベツレヘムであると博士たちに教えた。博士たちはさっそくその場を発つと、星にしたがってイエスのいる場所につくことができた。幼子の前にたどり着くと、彼らはひれ伏し、[[金|黄金]]、[[乳香]]、[[没薬]]を贈り物として捧げた。ヘロデは新しい王など生まれては困るので、博士たちに場所を教えるよう命じていたが、博士たちは夢のお告げでヘロデに会わないよう命じられたため、ヘロデを避けて別の道から故郷に戻った。
そのためイエスはヘロデに殺害される事を免れた。しかし、ヘロデによってベツレヘムの2歳児以下の男子全て虐殺([[幼児虐殺]])され、イエスは両親とともに[[エジプト]]へ逃れた。
*[[賢者]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:福音書|まき]]}}
[[Category:聖職者]]
[[Category:古代ペルシア]]
[[Category:福音書]]
 
[[de:Zauberer]]
[[en:MagusMagi]]
[[es:Mago]]
[[pt:Mago]]
313

回編集