「グロープラグ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: et:Eelsüüteküünal)
m編集の要約なし
 
エンジンの燃焼熱を利用して自らの点火部分(コイル状または棒状の蓄熱部分=点火部分)の赤熱状態を保つ点火栓を言う。
[[ディーゼルエンジン]]では、予備加熱装置として用いられるが、本来は「[[焼玉グローエンジン]]」や「模型用グローエンジン」の点火栓として用いられる。
 
本来の使用用途の点火栓として利用する場合は、電流を用いて点火栓に内蔵されたコイルや棒を赤熱させ燃料に点火し始動する。一度始動すると、燃焼による熱でさらに赤熱し、次の燃焼に点火する。