「ジョゼフ・ド・マルリアーヴ」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{クラシック音楽}}
{{クラシック音楽}}'''ジョゼフ・ド・マルリアーヴ'''('''''Joseph de Marliave''''', [[1873年]] – [[1914年]])は[[フランス]]の[[音楽学者]]。[[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン|ベートーヴェン]]の[[弦楽四重奏曲]]に関する研究書で知られ、[[ジョゼフ・カーマン]]の著書『ベートーヴェンの四重奏曲 』(''The Beethoven Quartets''』(, [[1966年]])が発表されるまでは最も広く読まれ、引用された文献である。ベートーヴェン以外の作曲家についても数多くの[[散文]]を出版しており、また[[テオドール・ヘルム]]による[[ドイツ語]]のベートーヴェン研究書([[1885年]])を[[フランス語]]に[[翻訳]]している。
 
マルリアーヴは[[ガブリエル・フォーレ]]の親友であり、ベートーヴェンの弦楽四重奏に関するマルリアーヴのフランス語の初版には、フォーレが序文を寄せている。
 
[[フランス[[陸軍]]の[[大尉]]でもあり、[[第1次世界大戦]]が勃発したばかりの[[1914年]]8月に[[戦死]]した。[[モーリス・ラヴェル]]は[[クープランの墓]]においてマルリアーヴを追悼し、第6曲の「[[トッカータ]]」をマルリアーヴに献呈した。
 
[[1906年]]に[[マルグリット・ロン]]と結婚した。
 
=== 参考文献 ===
* Joseph de Marliave, ''Beethoven's Quartets'', tr. Hilda Andrews. London and New York, 1928.
* Joseph Kerman, ''The Beethoven Quartets.'' 1966, New York and London, W.W. Norton & Co.
 
{{DEFAULTSORT:まるりあう しよせふ}}
 
{{DEFAULTSORT:まるりああう しよせふ と}}
[[Category:フランスの軍人]]
[[Category:フランスの学者]]
[[Category:音楽学者]]
[[Category:1873年生]]
匿名利用者